コミックナタリー

よしながふみ「大奥」TVドラマ&映画で再び実写化

921

よしながふみ「大奥」が、TVドラマと映画で再び実写化されることが決定した。堺雅人が一人二役で主演を務める。

TVドラマは「大奥〔有功・家光篇〕」と題し、10月よりTBS系列で放送を開始。2010年に公開された映画版では単行本1巻の「水野・吉宗編」が実写化されたが、TVドラマでは2~4巻収録の3代将軍家光の時代が描かれる。堺が有功(ありこと)役を演じるほか、徳川家光役に多部未華子が決定した。

また映画「大奥〔右衛門佐・綱吉篇〕」は、ドラマ放送終了直後の12月22日より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。こちらは4~6巻収録の5代将軍綱吉の時代が舞台で、有功と瓜ふたつの右衛門佐(えもんのすけ)役を堺が、徳川綱吉役を菅野美穂が演じる。

監督は前作から引き続き金子文紀が手がけ、脚本は神山由美子が担当。追加キャストは7月に発表される予定だ。

堺雅人コメント

大変なお役をいただきました。
ドラマ、映画と、半年ちかいご奉公になります。精一杯、つとめさせていただくつもりです。

原作は、以前一度読んでいたのですが、あらためて読みなおすと、「男女逆転」という設定以外は、とても硬派な歴史劇でした。歴史上の人物や、事件が丁寧にえがかれています。大河ドラマに参加する時のような、意気込みと緊張感でのぞみたいと思っています。

菅野美穂さん、多部未華子さんは、お二人ともはじめての共演です。ずっとご一緒したいと思っていたので、撮影が本当に待ち遠しいです。
多部さんの、運命を見据えた、つよいまなざし。菅野さんの、かなしげな、悩ましい吐息。お二人の演じる将軍を通して徳川家をみると、江戸時代にまたちがった光があてられるのではないでしょうか?

僕は、おふたりに仕える大奥総取締を二役演じる予定です。はなやかな世界ですが、あくまでも裏方。
いい作品になるよう、おふたりを支えながら粉骨砕身力の限りを尽くす所存です。

どうぞお楽しみに。

多部未華子コメント

大きなプロジェクトで、とても重要な役柄を担うこと、とても緊張していますし、不安でいっぱいですが、大奥の世界観を乱すことなく、精一杯頑張りたいと思います。堺さんはじめ、たくさんのキャストの皆さんとお芝居をさせていただくことも、とても楽しみにしています。

菅野美穂コメント

まさか自分が、将軍の役をやらせて頂く機会があるなんて、夢にも思いませんでした。鬘合わせ、衣装合わせなどが終わり、少しずつ、イメージを膨らませている段階ですが、将軍の葛藤、孤独、やり切れない運命を、そして、生きている人間だからこそのどうにもならない弱さ、愚かさを、エンターテイメントとして演じられたら良いなと思います。イケメン大奥版にしかない世界観を、美しい、着物と共に楽しんで頂ける様、頑張ります。

金子文紀監督コメント

前作『大奥』では男女の立場が変わっても、変わらない「男とは、女とは?」、「男らしさ、女らしさとは?」を描くことが僕自身の一つのテーマでした。今回の映画では、そこから更に一歩踏み込んで「人にとっての幸せとは何か?」、「心が満たされるとは?」、「心の解放とは?」といったことを大きなテーマとして描いていこうと思っています。
男女逆転『大奥』は時代劇というジャンルに入る作品ですが、気持ちの中では、これは紛れもない現代劇です。主演の堺さんをはじめ、ドラマでは多部さん、映画では菅野さんという素晴らしいキャストの皆さんと共に、このドラマ+映画のプロジェクトを通して“時代が変わっても変わらないもの”を見出していこうと思っています。

磯山晶プロデューサーコメント

漫画『大奥』シリーズは単行本2巻以降、内容的に更なる盛り上がりを見せていきます。この壮大な愛の物語のスケール感をきちんと映像化するために、今回は『有功・家光篇』を連続ドラマに、『右衛門佐・綱吉篇』を劇場用映画に、と二段構えで企画いたしました。計12時間くらいないと描ききれないからです。そして「有功と右衛門佐は瓜二つ」という設定を活かして、「運命に翻弄されながらも凛と生きる潔い人」と「誰にも支配されない自分を貫こうとする野心の人」という、言わば、「黒」「白」二役を堺雅人さんに演じ分けていただくことになりました。さらに、家光は多部未華子さん、綱吉は菅野美穂さん、と堺さんとのお芝居の化学反応が本当に楽しみな豪華な二人の女将軍に集まっていただきました。きっと皆さまのご期待に応える、本格的エンターテイメント時代劇になると思います。

荒木美也子プロデューサーコメント

構想5年、よしながふみさんの男女逆転SF時代劇「大奥(第一巻:水野・吉宗篇)」を原作にした映画『大奥』(監督:金子文紀、出演:二宮和也・柴咲コウ他)は、2010年度に公開された時代劇の中で、興行収入23億円超という最大のヒットを収めました。企画当初からずっとシリーズ化を夢みておりましたが、前作の成功により、ここに現実のものとなりました。前作から時代は一気に遡り、男女逆転大奥誕生秘話と“暁の恋”を描く『大奥(有功・家光篇)』を連続ドラマ、生類憐みの令に込められた想いと“黄昏の恋”を描く『大奥(右衛門佐・綱吉篇)』を映画にし、2012年秋~お正月にかけ一挙にお届けいたします。不条理な世の中にあっても己に課された立場を全うし、一方では、男として、女として、恋そして深い絆を追い求める主人公たちの生きざまは、時代を超え、今の我々に、未来に向かって生きる希望とヒントを与えてくれることでしょう。セット、衣裳も更に豪華絢爛にスケールアップ、また大人のドラマとしてもグレードアップする『大奥』シリーズ、お楽しみください。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞