コミックナタリー

コザキユースケがドーナツ型のネコ描くハードSF「どーにゃつ」

130

本日12月16日に発売されたヤングガンガン2012年1号(スクウェア・エニックス)にて、コザキユースケの新連載「どーにゃつ」がスタートした。

「どーにゃつ」は、無人の廃都となった東京都新宿を舞台に、ドーナツの身体を持つネコ・どーにゃつと、ベーグルの身体を持つネコ・ベーガルの冒険を描いた“異色ハードSFロマン”。廃墟となった大都会の描写と、愛らしいどーにゃつのコントラストが新感覚の作品だ。

また前号より始まった、さまざまな作家が「ドラゴンクエスト」を描くイラストギャラリーには「もやしもん」の石川雅之と「ワールドエンブリオ」の森山大輔が登場。石川は「ドラゴンクエストV」を、森山は「ドラゴンクエストIV」のイラストを執筆した。

ほかにも今号には、勇人「はなまる幼稚園」が4ページで登場。なお勇人は1月6日に発売される次号ヤングガンガン2号にて、新連載「いろは坂、上がってすぐ。」をスタートさせる。

コミックナタリーをフォロー