コミックナタリー

うめ・小沢高広×竹熊健太郎、マンガの電子書籍化を語る

40

「大東京トイボックス」などで知られるマンガユニット・うめの小沢高広と、編集家・竹熊健太郎によるトークイベント「マンガ・ミーツ・デンショ ―電子書籍時代における個人クリエイター活動とは」が、9月11日にジュンク堂書店池袋本店にて開催される。

イベントではiPadの登場などで盛り上がりをみせている電子書籍について、創作者という立場からトークを展開。うめは1月に国内で初めて、米Amazon.comが販売する電子書籍リーダーKindle向けのコミック「青空ファインダーロック」を出版した事でも有名。マンガの電子書籍化について最先端を行く2人だけに、充実したトークが期待できそうだ。

イベントの定員は30名。ジュンク堂書店池袋本店1階サービスカウンター、もしくは電話にて予約を受け付けている。

マンガ・ミーツ・デンショ ―電子書籍時代における個人クリエイター活動とは

日時:2010年9月11日(土) 19:00
場所:ジュンク堂書店池袋本店 4階喫茶
入場料:1000円(ドリンク付き)
出演:小沢高広(うめ)、竹熊健太郎
電話番号:03-5956-6111

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】