コミックナタリー

藤本タツキが羽生結弦をイラストに!“全く逆のイメージの融合”にこだわり

867

藤本タツキが描き下ろしたフィギュアスケート選手・羽生結弦のイラストが、明日8月17日発売の週刊ヤングジャンプ38号(集英社)に掲載される。

同イラストは「キシリトールガム」の発売20周年を記念したプロジェクト「COME ON! ENERGY! -噛もう! 未来に向かって!-」の一環として制作されたもの。「COME ON! ENERGY! -噛もう! 未来に向かって!-」では「キシリトールガム」と同世代にあたる20代を代表する面々をプロジェクトリーダーに迎え、「新しい未来をつくる新たな可能性」に挑戦していく。

ともに「COME ON! ENERGY! -噛もう! 未来に向かって!-」のプロジェクトリーダーに選出されている藤本と羽生。藤本はイラスト執筆に挑戦するにあたり、「『ファイアパンチ』はタイトルにも使用しているように『炎』『赤』がテーマだったりするのですが、羽生さんはフィギュアスケーターで、『氷』『青』といったイメージで、自分が手がけている作品と全く逆のイメージだったので、そこをうまく融合するところに悩みましたし、その部分に一番こだわりました。」とコメントを寄せた。

羽生結弦コメント

Q.今回の藤本タツキさんとのコラボレーションが決まった時の心境を教えてください。

A.普段から少年ジャンプやジャンプ+は読んでいるので、今回のお話はとても光栄に思いました。

Q.普段からマンガは読みますか。

A.マンガは好きで、普段からよく読みます。マンガのような物語性のあるものにすごく影響されるタイプで、マンガに深入りして夜眠れなかったり、演技に影響がでる時もあります。実生活がすべてその物語に影響されてしまう時もあります(笑)。

Q.どんなマンガが好きですか。

A.ファンタジー系ですね。基本的に現実ではありえないだろってことが起こるところが好きです。あとは、スポ魂系ですね、自分がスポ魂系なので。

コミックナタリーをフォロー