コミックナタリー

菅田将暉がオールアップで全員とキス?実写映画「帝一の國」本日スタート

1659

映画「帝一の國」初日舞台挨拶の様子。

映画「帝一の國」初日舞台挨拶の様子。

古屋兎丸原作による実写映画「帝一の國」の初日舞台挨拶が、本日4月29日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催された。

イベントには赤場帝一役の菅田将暉、東郷菊馬役の野村周平、大鷹弾役の竹内涼真、氷室ローランド役の間宮祥太朗、榊原光明役の志尊淳、森園億人役の千葉雄大、白鳥美美子役の永野芽郁、赤場譲介役の吉田鋼太郎永井聡監督が登場。菅田から順番に登壇の挨拶をしていくと、志尊の挨拶で観客から「かわいい!」と黄色い声が飛び出す。すると次の千葉や永野、吉田や永井監督の挨拶にまで観客とキャスト陣から「かわいい!」と声をかける流れができあがり、会場は一気に賑やかなムードに。永井監督は「初日というのは緊張するものですが、この子たちのおかげで吹っ飛んでしまった」と笑顔を見せた。

客席には古屋も来場しており、菅田の紹介で観客に挨拶をする一幕も。菅田は公開日を迎えた心境を「本当にうれしいです。楽とは言えない撮影だったので、寂しさもある」と述べる。また「一見するとポップに見えるけれど、政治バトルの物語なので、政治に詳しい人や働いている人にも面白いと思ってもらえるはず」と作品をアピールした。野村は自身の演技を「クセのある役は得意。楽しんでやれた」と振り返る。また共演の多い菅田を「永遠のライバル」だと表現し、「改めて芝居のやりやすさを再発見できた」とコメント。菅田はそれを受けて、「僕も“信頼と安心の野村”だと思っている」と語った。

竹内は、自身が自他認める「爽やか専門家」であると冗談を飛ばしつつ、「カッコいいセリフが多かったので、嘘くさくならないように気をつけた」と撮影時の心構えを話す。ハーフの役を演じた間宮は、オファーを受けた際の戸惑いを吐露。さらに「お父さん役の人が完全に外国人で……。通訳の方を介して会話をしていました(笑)」とエピソードを明かすも、「初日からすっと入れる、とても居心地の良い現場だった」と述べる。吉田は「原作を読んだとき、僕が氷室ローランド役だと思ったのに」と話し、「高校生役をやるつもりだったんですか!」とキャスト陣を驚かせた。

志尊は「皆さんにリードしていただいたので、やりやすかった」と話すが、それを聞いていた菅田が「みんなが志尊淳に甘えていたんですよ。野村と間宮なんか、だんだん“俺の女”みたいな雰囲気を出し始めて……」と暴露。間宮は「こんなにかわいいのに、なんでお前は男なんだ! と(笑)。叶わない恋をしている気分でした」と笑顔を見せる。この3月で28歳を迎えた千葉は、何歳まで高校生役を演じられるかとの問いに「40歳です!」と宣言。会場から拍手が上がり、菅田も「ぜひ主演でやってほしい」と期待を語った。

本編で帝一のガールフレンド役を務めた永野には、「実際に付き合うとしたらどのキャラか?」という質問が。ざわめく男性陣に、永野は「菊馬くん……は無理なんです。」と答え、野村をズッコケさせる。永野は続けて、「みんなそうだと思うんですけど、弾くんがいいです。男性からも女性からも好かれるキャラなので」とコメント。弾役の竹内が観客に向かってポーズをキメた。

後半にはキャストから菅田への質問コーナーも設けられた。すると間宮が「オールアップの日、なぜか菅田くんが全員にキスをして回ったんです」とその理由を問う。ざわめく会場に菅田は、「撮影から戻ってきて最初に目が合ったのが、いつもはすぐ帰ってしまう野村だったんです。それで自然と……(笑)。その流れで、次に目が合った間宮ともキスをして。そうしたら次、千葉くんはもうキスを待ってる雰囲気で……」と弁解。千葉は「柔らかかったです!」とキスの感想を明かす。撮影現場の雰囲気の良さが伺える、終始笑いの絶えない舞台挨拶となった。

映画「帝一の國」は、本日4月29日より全国東宝系にてロードショー。

コミックナタリーをフォロー