コミックナタリー

恋愛暴君11巻本日発売、メテオにはアニメのアフレコレポや三星めがね過去作

104

三星めがね「恋愛暴君」の11巻が本日4月12日に発売された。

「恋愛暴君」は、任意の2人を強制的にキスさせるというアイテムをもった天使・グリと、男子高校生の青司、青司のことが大好きなヤンデレの女子高生・茜を軸に描くラブコメディ。現在テレビアニメも放送されており、グリ役を青山吉能、青司役を小野賢章、茜役を沼倉愛美が演じている。

刊行を記念しゲーマーズ、とらのあな、WonderGOO、喜久屋書店では購入者に特典を配布。また書店を限定しない汎用の特典も用意されているほか、アニメイトでは既刊も対象にしたフェアを実施している。

このほか三星による、アニメ「恋愛暴君」のアフレコレポートと、「想幻の都」の梶谷志乃が原作を手がけた三星の過去作「C’est sucre(セ・シュクレ)」(sucreのeはeにアクサン・テギュが正式表記)が本日COMICメテオに掲載された。なお5月12日には「恋愛暴君」の短編集にあたる11.5巻、6月12日には「C’est sucre」を収録した「恋色撰集~三星めがね&梶谷志乃作品集~」が刊行される。

コミックナタリーをフォロー