コミックナタリー

61振りの刀剣男士が金襖でお出迎え!本丸博、三日月宗近の影打や小夜の抱き枕も

3349

「金襖の間」より。

「金襖の間」より。

刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」の2周年を記念した博覧会「刀剣乱舞-本丸博-」が、明日1月6日から15日まで池袋サンシャインシティにて開催される。コミックナタリーでは本日1月5日に行われた内覧会を取材し、本展の内容を詳細レポート。ネタバレを見たくない方はご注意いただきたい。

「刀剣乱舞-本丸博-」は「歓迎の間」「金襖の間」「廊下」「三日月宗近の間」「演戯の間」「アニメの間」「グッズの間」「祝画の間」の8つのエリアで構成されている。まず来場者はシアターブース「歓迎の間」で、「刀剣乱舞」のミュージカル、舞台、アニメのPVと、近日中にゲーム内に実装される新オープニングムービーを交えた約2分間の映像を視聴。千子村正、大包平、小烏丸、包丁藤四郎、亀甲貞宗ら新しい刀剣男士もお目見えした。

次に金の襖に描かれた61振りの刀剣男士が一堂に会する「金襖の間」へ。金の襖は「刀剣男士と日本の四季」をテーマに、春夏秋冬をイメージしたもの。またそこに佇む刀剣男士たちをモチーフに調合された香りもエリア内に漂う。

そしてゲーム内の本丸の廊下を再現した「廊下」を抜けると、「三日月宗近の間」が設置されている。ブース内では、古刀の代表的な一振りである三日月宗近が当時作られた“生ぶ”な状態を推定復元する「三日月宗近 生ぶ復元プロジェクト」を紹介。平安時代に作られたとされる国宝・三日月宗近は、長い年月の間に研ぎ減り、“生ぶ”な姿から変化している。「三日月宗近の間」の中央には、この“生ぶ”な状態を再現するプロジェクトの一環として、地鉄と波紋の確認のため試作された影打「復元 三日月宗近 影」が展示された。

「演戯の間」はミュージカルと舞台のブースをセッティング。ミュージカルのブースでは「ミュージカル『刀剣乱舞』~阿津賀志山異聞~」の2部でキャストたちが実際に着用した衣装や、「ミュージカル『刀剣乱舞』~幕末天狼傳~」も含めた公演のパネル、写真が並ぶ。一方、舞台のブースでは「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」再演時のキャストビジュアルやパネル、番傘などが飾られている。

「アニメの間」も、放送を終えたばかりのアニメ「刀剣乱舞-花丸-」と7月よりオンエアされることが決定したアニメ「活撃 刀剣乱舞」の2ブースを設置。「刀剣乱舞-花丸-」の舞台となったとある本丸の縁側が再現され、小夜左文字が兄の江雪左文字を想起した抱き枕や、刀剣男士たちが願いを書いた短冊など小道具も。縁側はフォトスポットになっているので、撮影を楽しもう。また「刀剣乱舞-花丸-」の劇中に登場したトラクターやうどんなどアイテムの設定資料、キャラの表情集、美術資料なども多数お披露目。「活撃 刀剣乱舞」ブースでも、和泉守兼定と陸奥守吉行が描かれたキービジュアルのパネルや、PVの原画などが展示された。

さらにこれまでに発売されたアイテムが陳列された「グッズの間」も。またゲームのキャラクターイラストを担当した作家たちによる、刀剣男士の描き下ろしイラストが並ぶ「祝画の間」は必見だ。最後には本展の限定商品などが取り揃えられた物販コーナーが設営された。

「刀剣乱舞-本丸博-」の入場チケットは、ローソンチケットにて目下販売中。

「刀剣乱舞-本丸博-」

会期:2017年1月6日(金)~1月15日(日)10:00~19:00
会場:池袋サンシャインシティ

(c)2015-2017 DMM GAMES/Nitroplus

コミックナタリーをフォロー