コミックナタリー

「ユーリ!!! on ICE」テーマはGPシリーズ、久保ミツロウがネーム大量描き下ろし

1112

久保ミツロウ、山本沙代、MAPPAによる新作オリジナルアニメーション「ユーリ!!! on ICE」の製作発表会が、本日3月27日に東京ビッグサイトにて開催中の「AnimeJapan 2016」内のavex picturesブースにて行われた。

「ユーリ!!! on ICE」は、男子フィギュアスケートを題材としたアニメ。原案を「モテキ」「アゲイン!!」で知られる久保ミツロウと、「LUPIN the Third -峰不二子という女-」「ミチコとハッチン」などの山本沙代が手がける。製作発表会には、久保と山本が揃って登壇。この発表会で全貌が明らかとなった今作について、久保は「口が軽いんでTwitterとかでずっとしゃべりたかった。働いてないふりをしてずっと、2年くらい黙ってたんです(笑)。今日は見せたいものがいっぱいあります」と期待を煽った。

まずは1分間のPVが初公開されると、そのクオリティに会場からは拍手が沸き起こる。久保が「(PVは1分だけど)30分これが観られるんですよ!」と興奮気味に話すと、司会者から「ということは、30分アニメなんですね」とツッコミが入る場面も。またビジュアルも本日が初解禁。久保は「私、アニメに関わるの初めてなんです。自分が描いた絵をほかの人がアニメとして形にしてくれるのがすごくうれしくて」と感動をあらわにする。

メインキャストには、勝生勇利(かつきゆうり)役に豊永利行、ヴィクトル・ニキフォロフ役に諏訪部順一、ユーリ・プリセツキー役に内山昂輝が名を連ねた。声優陣について久保は「私たちの最初の希望が通った」とコメント。また勝生勇利は日本人、もうひとりの“ユーリ”となるユーリ・プリセツキーはロシア人、そして同じくロシア人のヴィクトル・ニキフォロフについては「強いスケート選手。“リビングレジェンド”と呼ばれている」とキャラクターについて解説。この3人が中心となりストーリーが展開していくという。

「ユーリ!!! on ICE」の脚本は、久保がネームと呼ばれるマンガの下描きの下描きで執筆。「私がお話をすべて描き下ろします」と語る久保は、公開されるものではないスタッフ向けマンガのネームを、トータルで900ページ描くという。1話につき80ページ弱となるため、週刊連載で例えると4話分の話が詰まっていると解説した。

また企画の立ち上げについて山本は「フィギュアスケートのアニメを作りたいという企画は4年前からあったんですけど、なかなか企画が通らなかった。単純に大変だし、テレビシリーズでは難しいんじゃないかと言われていて」と振り返る。そして「2014年にソチオリンピックでフィギュアスケートへの関心が高まって企画が通りやすくなったときに、久保さんがオールナイトニッポンでフィギュアスケートの話をしていて。オリジナルのアニメを作るなら骨太な原作を作ってくれる方を探さないといけない。普通だったら脚本家と組むんですが、今回は久保さんにお願いしたらうまくいくんじゃないかと思った」と、2人がタッグを組んだきっかけを述懐した。久保は「アニメに初めて携わるなら、ちょっとキャラクター原案をするとかではなく、がっつり組みたいと思った」と話す。また当初フィギュアスケートの知識は浅く、テレビで見るくらいだったが、それから猛勉強したことを語った。

「ユーリ!!! on ICE」で描かれるのは、グランプリシリーズ。ストーリーについて山本は「グランプリファイナルを目指す話」と明かし、久保は「フィギュアスケートを始めた人がだんだんうまくなっていくとかそういう話ではなく、高みを目指すフィギュアスケート選手を描きたい」と熱意を語る。主に海外で行われているグランプリシリーズの試合を取材するため、2人は自腹で現地へ赴いたという。「バルセロナ、ロシア、北京、上海……。バルセロナは2回行きました。自分たちで写真や動画を撮って」と、2人は熱意あふれる取材を語る。またフィギュアスケートの描写について山本は「枚数がものすごくかかります。3Dは使わずすべて手描きでやってます」と述べ、「宮本賢二先生にすべてのプログラムの振り付けをお願いしていて、それをすべて撮影しています」と、そのこだわりを見せる。

最後に久保は「3人のキャラクターを皆さんに愛してもらって、フィギュアスケートを楽しんでもらえるような作品にしていきたい。しばらく発表するマンガを描いてなかったのですが、この2年間の私の力がうまくこの作品の中でスタッフとして放っていけることが、私の今の一番の幸せです」、山本は「真摯な気持ちでフィギュアスケートにもアニメにも向き合っているので、どちらのファンの方にも満足してもらえるようがんばって作っています」と締めくくった。

久保ミツロウコメント

私の描いたネームがすべてそのままアニメにしていただけると思うと、
作品作りが毎日楽しくてしょうがないです。
1秒でも早く本編のアニメをみなさんに見ていただきたいです。

山本沙代コメント

目が覚めるとスケーターのInstagramやFacebookをチェックし、試合が始まればライストで徹夜…そんなスケート漬けの日々を生かす時がやっときたことが幸せです。
久保さんとの作品づくりは本当に楽しくて今から第二期、劇場版…いつまでもこの作品を作っていきたいと思っています。グランプリシリーズが始まる頃にまたお会いしましょう。

アニメ「ユーリ!!! on ICE」

スタッフ

原案:久保ミツロウ×山本沙代
監督・シリーズ構成:山本沙代
ネーム/脚本原案・キャラクター原案:久保ミツロウ
キャラクターデザイン:平松禎史
音楽:梅林太郎 松司馬拓
音楽プロデューサー:冨永恵介(PIANO)
フィギュアスケート振付:宮本賢二
アニメーション制作:MAPPA

キャスト

勝生勇利:豊永利行 
ヴィクトル・ニキフォロフ:諏訪部順一 
ユーリ・プリセツキー:内山昂輝

(c)はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE 製作委員会

コミックナタリーをフォロー