コミックナタリー

「マンガと戦争展」が米沢嘉博記念図書館で、新たに西島大介「DBP」の原画も

270

今日マチ子「cocoon」やこうの史代「桜の国」など、戦争をテーマにしたマンガを紹介する企画展「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α」が、東京・明治大学米沢嘉博記念図書館にて2月11日から6月5日まで開催される。

この企画展は2015年に京都国際マンガミュージアムで行われた「マンガと戦争展」の巡回展。マンガを通し、戦争と戦後について考える視点を与えることを目的としている。「マンガと戦争展+α」では以前の内容に西島大介「ディエンビエンフー」の原画展示を追加し、新たな視点を提示する。

前回に引き続き「原爆」「特攻」「満州」「沖縄」「戦中派の声」「マンガの役割」の6つのテーマ別に24作品の戦争マンガを紹介。こうの史代、おざわゆき、今日マチ子がそれぞれ描いた戦争マンガの原画も展示される。なお4月16日にはこうの史代とおざわゆき、5月には西島大介によるトークイベントが行われる予定。

マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α

期間:2016年2月11日(火)~6月5日(日)
会場:米沢嘉博記念図書館
入場料:無料

第1期: こうの史代「桜の国」「この世界の片隅に」
期間:2016年2月11日(木)~3月7日(月)

第2期:おざわゆき「凍りの掌 シベリア抑留記」「あとかたの街」
期間:2016年3月11日(金)~4月11日(月)

第3期:今日マチ子「cocoon」「いちご戦争」
期間:2016年4月15日(金)~5月9日(月)

第4期:西島大介「ディエンビエンフー」
期間:2016年5月13日(金)~6月5日(日)

※原画は会期を4期に分けて展示される。

トークイベント

「戦争マンガ」の役割とは(仮)

日時:2016年3月18日(金) 18:00~19:30
会場:明治大学米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室
出演:吉村和真(京都精華大学マンガ学部教授)、宮本大人(明治大学国際日本学部准教授)
※会員登録料金(1日会員300円~)が必要。

「はだしのゲン」をたのしむ(仮)

日時:2016年4月16日(土) 16:00~17:30
会場:明治大学 駿河台キャンパス
出演者:こうの史代、おざわゆき
入場料:無料

戦争マンガ≒≠戦闘マンガを描く(仮)

日時:2016年5月(予定)
出演:西島大介
会場:明治大学米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室
※会員登録料金(1日会員300円~)が必要。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞