コミックナタリー

埼玉ディスがすごい「翔んで埼玉」復刊、魔夜峰央が当時振り返る描き下ろしも

817

魔夜峰央の「翔んで埼玉」が、本日12月24日に発売された。これは1986年刊行の作品集「やおい君の日常的でない生活」を再編集して復刊するもの。

表題作「翔んで埼玉」は、埼玉が東京から差別を受けている世界を描いたギャグ作品。埼玉県民は病気になっても医者にかかることを許されず「そこらへんの草でも食わせておけ!」と罵られたり、百貨店では都会に紛れ込んだ埼玉県民を捕まえる「埼玉狩り」が行われていたりと独特の設定が話題を呼び、30年以上も昔の作品ながら近年に入り再評価が巻き起こっている。

この単行本は当初12月17日に刊行が予定されていたが、予想を遥かに上回る注文が入り重版のため発売が延期されていた。また復刊に当たり、魔夜が執筆当時のことを振り返る描き下ろし作品「埼玉県についての風土記的考察」も収められている。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞