コミックナタリー

「今際の国のアリス」の麻生羽呂がヤンマガに初登場、小田原ドラゴン新作も

46

「今際の国のアリス」で知られる麻生羽呂の読み切り「会社に鬱の診断書出して彼女には長期出張と嘘ついて1ヵ月の旅に出た」が、本日11月16日発売のヤングマガジン51号(講談社)に掲載された。

同作はヤングマガジンの35周年を記念した読み切り企画「BULLET」の第7弾。スクーターに乗って北を目指す男の旅が描かれている。ヤングマガジン初登場の麻生は、本作について「9割体験談」と巻末でコメントした。

また今号では小田原ドラゴンの新連載「ロボニートみつお」がスタート。「チェリーナイツ」でエリート童貞を描き続けた小田原が描く、ニートのロボットを主人公に据えた新作に注目したい。

このほか今号にて安井ミイト原作による森よし「ディノ・サピエンス」が、ヤングマガジン サード(講談社)に移籍することが発表された。次のエピソードは12月4日発売のヤングマガジン サードVol.1に掲載される。また東和広「πニャン」は最終回を迎えた。完結3巻は2016年1月6日に刊行される。

コミックナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【コミックナタリー】