コミックナタリー

「フラジャイル」TVドラマ化、長瀬智也が変人のイケメン病理医に

924

「フラジャイル」カット

「フラジャイル」カット

草水敏原作による恵三朗「フラジャイル」のTVドラマ化が決定した。2016年1月13日に、フジテレビ系にて放送がスタートする。

「フラジャイル」は月刊アフタヌーン(講談社)にて連載されている医療もの。患者の血液や排泄物、細胞、体液などを分析し、そのデータをもとに病気を診断する病理医を題材にしている。主人公の病理医・岸京一郎役はTOKIOの長瀬智也に決定。長瀬が医師を演じるのは2001年にTBS系で放送された「ハンドク!!!」以来約15年ぶり。白衣の集団の中で1人だけスーツを着用し、仕事熱心なあまり周囲と衝突する事も多い「強烈な変人だが、極めて優秀」というキャラをどのように演じるのか期待が高まるところだ。

キャスト・スタッフコメント

長瀬智也(岸京一郎役)

このドラマには非常にポジティブな要素がたくさん入っています。主人公はとても偏屈な男なのですが、その中には優しさもあり、ヒーロー感もあり、いろんな顔が垣間見えます。そして強烈な個性だからこそ生まれてくる面白さもあります。そもそも、どうして彼が偏屈であるのか、そこにも意味があり、彼の全貌は話の中で明らかになっていきます。今まで見たことのない医療ドラマになると思います。僕も楽しみたいですし、皆さんもぜひ楽しみにしてください

草水敏(原作担当)

ドラマ化のご提案に、最初に浮かんだのは長瀬さんがすごんだ顔の芝居でした。偏屈で自己中心的な変人医師・岸先生を、どう魅力的に演じてくださるのか、楽しみにしています!

恵三朗(作画担当)

長瀬智也さん主演でドラマ化とお話をいただいた瞬間から“嬉しい!早く見たい!”とワクワクが止まりません。1月になるのが楽しみです」

TVドラマ「フラジャイル」

放送:2016年1月13日(水)スタート 毎週水曜22時~
原作:「フラジャイル」草水敏・恵三朗(講談社「アフタヌーン」連載)
脚本:橋部敦子
企画:成河広明、池田拓也
プロデュース:小林宙
演出:石川淳一
制作著作:フジテレビ/共同テレビ

コミックナタリーをフォロー