コミックナタリー

大場つぐみ×小畑健、人と天使を描く3年半ぶりタッグ連載がSQ.で

4748

大場つぐみ原作による小畑健の新連載「プラチナエンド」が、11月4日発売のジャンプスクエア12月号(集英社)にてスタートする。これは本日9月28日発売の週刊少年ジャンプ44号(集英社)にて告知されたもの。

大場と小畑のタッグによる連載は、「バクマン。」以来3年半ぶり。「プラチナエンド」では生きることに希望を見出せない少年・架橋明日(かけはしみらい)を軸に、人と天使の物語が描かれる。10月5日発売の週刊少年ジャンプ45号には、「プラチナエンド」の冒頭8ページが先行掲載される。

また「DEATH NOTE」「バクマン。」「プラチナエンド」の複製原画各1枚ずつと、スペシャルデザインの額縁が手に入る応募者全員サービスが、ジャンプスクエア12月号より3号連続で行われる。ジャンプスクエアの電子版が、12月号より紙版と同日にジャンプBOOKストア!をはじめとした各電子書籍ストアにて配信されることも発表された。このほか週刊少年ジャンプ44号には、「バクマン。」の新作読み切り後編「age14」が掲載されている。

なおナタリーでは10月3日に公開される映画「バクマン。」のさまざまな面に焦点を当て、その魅力を紐解く特集を展開。第1弾として大根、佐藤、神木の鼎談を映画ナタリーで、第2弾として小畑と大根の対談をコミックナタリーで公開しているのでこちらもチェックしてほしい。

※特集記事へはこちらから!
映画「バクマン。」特集 - 映画ナタリー Power Push

大場つぐみコメント

久しぶりの小畑先生との作品なので、とても緊張してますが、がんばります。

小畑健コメント

SQ.での連載にドキドキです。限界まで頑張りますので応援よろしくお願いします。

コミックナタリーをフォロー