コミックナタリー

岸本斉史が「NARUTO」で芸術選奨の新人賞を受賞

1733

本日3月12日に文化庁より2014年度芸術選奨の受賞者が発表され、岸本斉史がメディア芸術部門において文部科学大臣新人賞に選出された。受賞の対象となった成果は、昨年週刊少年ジャンプ(集英社)にて15年にわたる連載に幕を下ろした「NARUTO-ナルト-」。

毎年度、芸術の各分野において優れた業績を挙げた人に授与される芸術選奨。演劇、映画、音楽、舞踊、文学、美術、放送、大衆芸能、芸術振興、評論等、メディア芸術の11部門にて実施され、受賞者には賞状と賞金が贈られる。贈呈式は3月18日16時より、都市センターホテルにて行われる予定。

岸本斉史への贈賞理由

王道の少年マンガの要素である「挑戦、成長、戦い、友情と仲間の力」に奥行きを与える要素として「民間伝承や歴史や東洋文化の香り」を見事なバランスで組み込んで独自の宇宙観を生み出している。秀逸なキャラクター造形で描かれる登場者の多くが戦いに対して考え、悩み、対話を求める。世界がナルトに魅(み)せられるのはこの「対話しようとする主人公の姿勢」にあるのではないか? より良き未来のために、ナルト万歳!

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞