コミックナタリー

「曇天に笑う」舞台化!玉城裕規、佐野岳ら

523

唐々煙「曇天に笑う」の舞台化が決定した。2015年2月21日から3月1日まで、天王洲・銀河劇場にて上演される。

長男の曇天火役は舞台「弱虫ペダル」で東堂尽八役を務めた玉城裕規が、次男の曇空丸役は「仮面ライダー鎧武」で主人公の葛葉紘汰役を演じた佐野岳が、三男の曇宙太郎役は同じく「仮面ライダー鎧武」でペコ役を務めた百瀬朔が担当。そのほか細貝圭、小澤亮太、平間壮一ら実力派から、山本涼介、荒牧慶彦といった旬の俳優陣、河野まさと、福井博章、藤木孝とベテラン勢までが出演する。

演出を手がけるのは、劇団鹿殺しの菜月チョビ。脚本は高橋悠也(QueenB)が担当する。チケットは11月29日に発売。

「曇天に笑う」は明治時代を舞台に、琵琶湖の真ん中に作られた監獄の橋渡し役を担う、曇神社曇家三兄弟の活躍を描く冒険活劇。月刊コミックアヴァルス(マッグガーデン)にて連載され、現在TVアニメも放送中だ。

舞台「曇天に笑う」

期間:2015年2月21日(土)~3月1日(日)
会場:天王洲・銀河劇場
チケット料金:7500円(※プレミアムシートA/Bは9500円)

出演:玉城裕規、佐野岳、百瀬朔、細貝圭、高畑こと美、山本涼介、横山一敏、福井博章、河野まさと、荒牧慶彦、兒玉宣勝、仁藤萌乃、小澤亮太 平間壮一、藤木孝
脚本:高橋悠也(QueenB)
演出:菜月チョビ

コミックナタリーをフォロー