コミックナタリー

「しゃばけ」トリビュート最終回は高橋留美子

302

本日8月22日に発売された小説新潮9月号(新潮社)にて、さまざまなマンガ家が畠中恵の小説「しゃばけ」シリーズをモチーフに読み切りを描くトリビュート連載「しゃばけ漫画」が最終回を迎えた。

「しゃばけ」シリーズは江戸時代を舞台に、体が弱い大店の若だんなが妖たちと事件を解決するファンタジー時代小説。小説新潮にて約1年間にわたり掲載されてきた「しゃばけ漫画」では、上野顕太郎雲田はるこえすとえむ安田弘之鈴木志保つばな吉川景都村上たかし紗久楽さわ岩岡ヒサエみもり萩尾望都、柴田ゆうといったメンバーが作品を執筆してきた。最後を飾った高橋留美子による「屏風の中」は、屏風の中の世界に入り込んでしまった若だんなを描くオリジナルストーリーとなっている。

なお発表された「しゃばけ漫画」は、上下巻の単行本にまとめられ年内に刊行される予定。

コミックナタリーをフォロー