コミックナタリー

「ベルセルク」の三浦建太郎、20余年ぶり完全新作を発表

728

「ベルセルク」の三浦建太郎が、11月22日に発売されるヤングアニマル23号(白泉社)にて短期集中連載「ギガントマキア」をスタートさせる。

「ギガントマキア」は1億年後の世界を描くSFロマン。ヤングアニマル23号より6号連続で、合計202ページが掲載される。三浦が完全オリジナル新作を発表するのは実に20余年ぶり。圧倒的な画力でどのような物語が紡がれるのか、楽しみに待とう。なお「ベルセルク」は「ギガントマキア」の終了後、連載を再開する予定だ。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞