「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」特報と海外版ポスタービジュアルが到着

8

105

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 33 70
  • 2 シェア

「アバター」シリーズの新作「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」の特報と海外版ポスタービジュアルが到着した。

「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」海外版ポスタービジュアル

「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」海外版ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

「アバター」から約10年が経った惑星パンドラが舞台の本作は、元海兵隊員ジェイク・サリーと先住民ナヴィの女性ネイティリ、そしてその子供たちからなる家族の物語。一家は神聖なる森を追われ海の部族に助けを求めるが、その世界にも人類の侵略の手が迫る。前作に続きジェイク役でサム・ワーシントン、ネイティリ役でゾーイ・サルダナが出演。シガニー・ウィーバーもキャストに名を連ねている。

YouTubeで公開された特報には、海の映像とともにジェイクとネイティリら家族の平穏な日々を収録。武装した侵略者の人間の姿も映し出される。なお特報の3D版は「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」3D版の本編上映前に流れる予定。

監督を務めたジェームズ・キャメロンは「この作品では、滑らかな動きを可能にするハイ・フレーム・レート、解像度の高い3D映像、リアルな視覚効果など、前作をはるかに超える映像の限界に挑んでいる。人類のパンドラへの帰還を特別な体験にするために、すべてのショットが、映画館の大スクリーンでの、高画質で、没入感のある3D映像体験のために創られている。私たちはそれをやってのけたと思っている」とコメントしている。

「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」は12月より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全4件)

(c)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

読者の反応

  • 8

なお @po0H70_SAT

たのしみたのしみ https://t.co/ZLg0kfu7bE

コメントを読む(8件)

関連記事

ジェームズ・キャメロンのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アバター:ウェイ・オブ・ウォーター / ジェームズ・キャメロン / サム・ワーシントン / ゾーイ・サルダナ / シガニー・ウィーバー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。