“結婚礼賛”ではない「ウェディング・ハイ」の撮影現場レポート到着

1299

篠原涼子が主演を務めた「ウェディング・ハイ」の撮影現場レポートが到着。あわせてメイキング写真も公開された。

「ウェディング・ハイ」メイキング写真

「ウェディング・ハイ」メイキング写真

大きなサイズで見る(全7件)

「ウェディング・ハイ」ポスタービジュアル

「ウェディング・ハイ」ポスタービジュアル[拡大]

バカリズムが脚本を担当した本作は、絶対に「No」と言わない敏腕ウェディングプランナーを主人公に、くせ者ぞろいの結婚式を描いたコメディ。篠原が主人公の中越を演じたほか、新郎・彰人に中村倫也、新婦・遥に関水渚、花嫁を奪いに乱入する元彼・裕也に岩田剛典EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、謎の男・澤田に向井理、スピーチに人生を懸ける新郎の上司・財津に高橋克実が扮した。「勝手にふるえてろ」「私をくいとめて」で知られる大九明子が監督を務めている。

「ウェディング・ハイ」メイキング写真

「ウェディング・ハイ」メイキング写真[拡大]

2021年3月に行われた披露宴シーンの撮影には、新郎新婦をはじめ同僚、友人、親戚、結婚式スタッフなどを演じる総勢60名以上のキャストが集結。大九はマイクを使いながら丁寧にシーンの狙いを説明し、“結婚礼賛映画”ではないという本作について「結婚しようが別れようがいろいろな人生があって、それでも輝いて前向きに生きている。その中でたった1日の“結婚式”という舞台で、さまざまな人が集まり全力で祝うお祭りを描けたら」と話す。

「ウェディング・ハイ」メイキング写真

「ウェディング・ハイ」メイキング写真[拡大]

「ウェディング・ハイ」メイキング写真

「ウェディング・ハイ」メイキング写真[拡大]

クライマックスとなる余興シーンは、参列者たちの熱い思いによって波乱の展開に。数々のトラブルやくせ者に振り回されながら、中越は事態を収拾するべく奮闘する。カメラは天井ギリギリまで上がるクレーンを含め計3台用意された。クレーンカメラが中央の和太鼓を捉え、ステージとフロア全体はそれぞれ別のカメラが狙う。何が巻き起こるかは観てのお楽しみだが、式場全体が熱気の渦に包まれる余興シーンは、約4分間の長回しに。OKを出した大九はキャスト、スタッフからの大きな拍手に包まれつつ「かっこいい!」と誰よりも盛り上がっていた。

「ウェディング・ハイ」メイキング写真

「ウェディング・ハイ」メイキング写真[拡大]

篠原は「この作品は心が温まって、楽しくって、笑いがあって、涙があって。ありがちな言葉かもしれませんが、本当にそう思います。皆様の素晴らしい演技で、本当に笑ってしまうくらいに面白いシーンがたくさん。ぜひ期待していただきたいと思います」とアピールしている。

「ウェディング・ハイ」は3月12日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全7件)

(c)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

関連記事

篠原涼子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ウェディング・ハイ / 篠原涼子 / 中村倫也 / 関水渚 / 岩田剛典 / EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE / 中尾明慶 / 向井理 / 高橋克実 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。