EXILE NAOTO、憧れのSABU監督作で映画初主演を飾り「昔の自分に自慢したい」

851

DANCING MARY ダンシング・マリー」の完成披露舞台挨拶が本日10月21日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で行われ、EXILE NAOTO山田愛奈石橋凌、監督のSABUが登壇した。

「DANCING MARY ダンシング・マリー」完成披露舞台挨拶にて、左から石橋凌、EXILE NAOTO、山田愛奈、SABU。

「DANCING MARY ダンシング・マリー」完成披露舞台挨拶にて、左から石橋凌、EXILE NAOTO、山田愛奈、SABU。

大きなサイズで見る(全15件)

本作は市役所の職員・藤本研二と霊能力を持つ女子高生・雪子が、解体予定のダンスホールに棲みついた幽霊マリーの恋を成就させるため奮闘する物語。イタリアの第18回アジアン映画祭で最優秀オリジナル映画賞を受賞するなど、数々の海外映画祭への出品を経て、ようやく日本での初披露を迎えた。

EXILE NAOTO

EXILE NAOTO[拡大]

研二役のNAOTOは「映画の情報が解禁されてから、かなりの時間が空いてしまい……。まだですか? まだですか?といろいろなところで言われまして。やっとここにたどり着くことができました。長らくお待たせいたしました!」と晴れやかな笑顔を浮かべる。映画単独初主演ということで「緊張感や責任感、さまざまな思いが混じって撮影に入りました」と述懐。「北九州に1カ月ぐらい滞在しながらの撮影で、監督に身を委ねていました。印象的だったのは、撮影が始まってすぐに長いセリフのシーンがあって、撮り終えたあとの監督の『僕の思ってた役のイメージとぴったりだ』という言葉を糧に1カ月がんばりました」と当時を懐かしんだ。

山田愛奈

山田愛奈[拡大]

石橋凌

石橋凌[拡大]

雪子役の山田は「撮影から3年という長い月日が経ったので、会場に来てくださった皆さん1人ひとりの顔を見て、やっと実感が湧いてきました」とうれしさをにじませる。北九州での撮影を「極寒でした」と振り返り、「石橋さんの殺陣のシーンをNAOTOさんとモニターで拝見して、白い息さえも美しかったです」と伝える。また偶然にも雪が降ってきたシーンがあったようで、石橋は「CGじゃ表現できない味わい深いシーンになり、映画の神様が降りてきた瞬間だったと信じています」と述べた。

EXILE NAOTO

EXILE NAOTO[拡大]

SABU

SABU[拡大]

NAOTOは改めて「役者活動をさせてもらっている中で、いつかそういう作品に出会えれば主演などもできればと思っていました。それがまさか、若い頃からずっと観ていたSABU監督の作品だなんて。昔の自分にちょっと自慢したいような、ありがたいチャンスでした。緊張感もあるんですけど、夢が叶っている瞬間を毎日実感できた撮影期間でした」と喜びを噛み締める。そんなNAOTOに対し、SABUは「『ポストマン・ブルース』が大好きです!と言ってくれて、すごくいいやつだと思った(笑)」と第一印象を回想。そして「人との出会いは偶然じゃなく必然で。全部に意味があって、それをどう生かすかが人生のポイント。僕自身そんなふうには思っていなかったけど、NAOTOと出会って、その出会いがこういう名作になったと実感しています。今を大切に生きれば、きっといい未来が待っていると思います。そんな作品です」とメッセージを伝えた。

「DANCING MARY ダンシング・マリー」は11月5日より全国で順次公開。

この記事の画像・動画(全15件)

関連記事

NAOTOのほかの記事

リンク

関連商品

(c)LDH Japan

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 DANCING MARY ダンシング・マリー / NAOTO / EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE / 山田愛奈 / 石橋凌 / SABU の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。