Aぇ! 佐野晶哉「20歳のソウル」で映画デビュー、監督「芝居や音楽の神様が微笑んだ」

2

4476

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 1497 2974
  • 5 シェア

佐野晶哉Aぇ! group / 関西ジャニーズJr.)が、神尾楓珠主演の映画「20歳のソウル」に参加していることがわかった。

左から神尾楓珠、佐野晶哉。

左から神尾楓珠、佐野晶哉。

大きなサイズで見る(全5件)

「20歳のソウル」

「20歳のソウル」[拡大]

本作は、千葉県船橋市立船橋高校で受け継がれている応援曲「市船soul」を作曲した実在の人物・浅野大義さんの物語。がんにより20歳でこの世を去った大義さんと市船吹奏楽部の絆が描かれる。映画では神尾が主人公の浅野大義、佐藤浩市が顧問の高橋健一に扮した。

これが映画デビュー作となる佐野は、大義の親友で吹奏楽部員の佐伯斗真役を務める。佐伯は容姿端麗で音楽の才能があり、何不自由なく青春を謳歌できるはずが、学校生活や部活動に悩む日々を送るキャラクター。しかし大義の何事にも真剣に向き合う姿に心を動かされて「市船soul」の作曲を手伝うようになり、大義が病にかかってからはそばで励まし続け、最期までともに青春を過ごす。

現役音大生で、グループではドラムを担当しているほか、サックスやピアノも得意としている佐野。劇中では打楽器とピアノの演奏を披露する。彼は「はじめての映画出演がこの作品であったことにとても意味を感じています」と心境を伝え、「ひとりでも多くの方に大義くんの作った曲と生き様が届き、僕が勇気をもらったように誰かの勇気になったら嬉しいです」と呼びかけた。

監督の秋山純は「以前から注目していて『斗真役が出来る俳優は一人しかいない』と、本人にも言い続けました」と佐野に言及する。そして「真摯に作品と向き合う姿勢があったからこそ、芝居や音楽の神様が、微笑んでくれたのだと思います」と賛辞を贈った。

「20歳のソウル」は2022年に全国ロードショー。

佐野晶哉 コメント

はじめての映画出演がこの作品であったことにとても意味を感じています。
監督は、僕も大義くんと同じようにずっと音楽のそばで生きてきたことに触れ「存在するだけでいい」と言っていただき緊張を解いてくださいました。
撮影前から市船高校のジャージを着てピアノやドラムを練習していたので、先生や部員のみんなの中での撮影は二回目の高校生活のようでした。
ひとりでも多くの方に大義くんの作った曲と生き様が届き、僕が勇気をもらったように誰かの勇気になったら嬉しいです。

秋山純 コメント

佐野くんには以前から注目していて「斗真役が出来る俳優は一人しかいない」と、本人にも言い続けました。
芝居に加えドラムやピアノの生演奏がある難しい役。
佐野くんは、見事に斗真としてそこに存在してくれました。
真摯に作品と向き合う姿勢があったからこそ、芝居や音楽の神様が、微笑んでくれたのだと思います。

この記事の画像(全5件)

(c)2022「20歳のソウル」製作委員会

読者の反応

  • 2

えみゅー @RZUojlfUoXPfSBd

20歳のソウル観てきました✨

佐野晶哉くんかっこよかった、、✨

https://t.co/pNi89nlhYu

コメントを読む(2件)

関連記事

佐野晶哉のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 20歳のソウル / 佐野晶哉 / Aぇ! group / 神尾楓珠 / 秋山純 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。