耳の不自由な目撃者と狂気の男、「殺人鬼から逃げる夜」俳優同士が“戦友”に感謝

59

殺人鬼から逃げる夜」に出演したチン・ギジュウィ・ハジュンのインタビューコメントが到着した。

「殺人鬼から逃げる夜」

「殺人鬼から逃げる夜」

大きなサイズで見る(全19件)

「殺人鬼から逃げる夜」ポスタービジュアル

「殺人鬼から逃げる夜」ポスタービジュアル[拡大]

本作は耳の聞こえない女性ギョンミと、彼女に事件現場を目撃された殺人鬼ドシクの一夜の追走劇を描くサスペンス。「リトル・フォレスト 春夏秋冬」のチン・ギジュがギョンミ役、「コンジアム」のウィ・ハジュンがドシク役で出演した。

「殺人鬼から逃げる夜」

「殺人鬼から逃げる夜」[拡大]

監督のクォン・オスンは、ギョンミの逃げる手段として“走る”ことにこだわった。チン・ギジュは「走ることには全然才能がなくて……撮影前は心配しました。でもギョンミの気持ちになるうちに、普段なら絶対出せないスピードで走れました」と述懐。「体力的にとてもつらかったです。危険な道も多かったですし、膝と腰に負担が掛かったので、シップや鎮痛薬にお世話になりました」と身を削った撮影を振り返る。

「殺人鬼から逃げる夜」

「殺人鬼から逃げる夜」[拡大]

聴覚障害者の役ということで、クランクイン2カ月前から手話の学校へ。「撮影期間中も時間を見つけては、手話の先生にアドバイスを受けながら一緒に演技を模索しました」と役作りを明かす。劇中で恐怖の対象となる役を演じたウィ・ハジュンについては「素敵な方なので、一緒に撮影している間、とても楽しかったです。激しい感情を表現したり動きも多い撮影でしたが、今でも現場を懐かしいと思うのは、それが理由の1つです」とたたえた。

「殺人鬼から逃げる夜」

「殺人鬼から逃げる夜」[拡大]

そんなウィ・ハジュンは、サイコパスな役を演じるにあたって「このキャラクターに対する反感は、撮影前の準備期間中も、そして撮影の間もずっと抱えていました」と葛藤があったことを吐露。「その人物を理解し、妥当性を見つけなくてはならないのですが、ドシクは正常な思考では絶対に理解できない人物でした。演じながら『彼はなぜ、こうするのか?』『どうしてこんなことができるのか?』と疑問を感じてしまい、精神的にもつらくなりました」と打ち明けた。

「殺人鬼から逃げる夜」

「殺人鬼から逃げる夜」[拡大]

観客に恐怖を与えるドシクの微笑は、監督と相談しながら作り上げたそうで「ドシクは快楽殺人犯なので、ターゲットを手に入れたときの快感や、その状況をゲーム感覚で楽しむ様子を微笑で表現しました」と説明する。そして心身どちらも苦しみながら互いに撮影を乗り越えたチン・ギジュに対して「苦労をともにした戦友のような感情が芽生えたし、息の合った演技ができたので、とても感謝しています」と伝えた。

「殺人鬼から逃げる夜」は9月24日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開。

この記事の画像・動画(全19件)

関連記事

チン・ギジュのほかの記事

リンク

(c)2021 peppermint&company & CJ ENM All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 殺人鬼から逃げる夜 / チン・ギジュ / ウィ・ハジュン / クォン・オスン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。