友達ってどこに落ちてる?少年とポンコツデバイスが本当の友情探すアニメ映画公開

77

アニメーション映画「Ron's Gone Wrong」が「ロン 僕のポンコツ・ボット」という邦題で10月22日に全国公開される。

「ロン 僕のポンコツ・ボット」ポスター

「ロン 僕のポンコツ・ボット」ポスター

大きなサイズで見る(全2件)

ジャン・フィリップ・ヴァインが監督を務めた本作の舞台は、持ち主の友人になってくれるハイテクデバイス“Bボット”と誰もが一緒に暮らしている世界。人々はBボットを通じて仲間とつながっているが、少年バーニーには友達がいない。そんな中、彼のもとに届いたのは不良品のBボット・ロン。本当なら一番の親友になって仲間を見つけてくれるはずだがロンはオンライン接続ができず、「友達ってどこに落ちてる?」と聞いてくるほどのポンコツぶりを見せる。バーニーはそんなロンに“友達の条件”を説明し、本当の友情を探すことになる。

このたびYouTubeで公開されたティザー予告は、Bボットの商品紹介からスタート。人々が自分のBボットと一緒にいる様子や、自己紹介すらうまくできないロンの姿、バーニーとロンが草原に寝転ぶシーンも収められている。なお本映像のナレーションを務めたのは、ディズニー映画「ベイマックス」でベイマックスの声を担当した川島得愛だ。

※記事初出時、一部事実と異なる記載がありました。お詫びして訂正いたします。

この記事の画像・動画(全2件)

川島得愛のほかの記事

(c)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ロン 僕のポンコツ・ボット / 川島得愛 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。