千葉雄大にウサギ殺到「大満足です!」、哀川翔も全力で餌やり

4

453

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 136 315
  • 2 シェア

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」のイベントが本日6月16日、東京・表参道ヒルズで行われ、日本語吹替キャストの千葉雄大哀川翔カジサックが出席した。

「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」イベントにて、“ワル”風の表情を向けるカジサック(左)、千葉雄大(中央)、哀川翔(右)。

「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」イベントにて、“ワル”風の表情を向けるカジサック(左)、千葉雄大(中央)、哀川翔(右)。

大きなサイズで見る(全22件)

ウサギを抱っこする千葉雄大。

ウサギを抱っこする千葉雄大。[拡大]

本作は、ビアトリクス・ポターの同名絵本を映画化した「ピーターラビット」の続編。生まれ育った湖水地方を飛び出し都会へ向かったウサギのピーターが、地下組織を率いるウサギ・バーナバスに出会い“ワル”になっていくさまが描かれる。日本語吹替版ではピーターに千葉、バーナバスに哀川が声を当てた。さらに本日のイベントで、バーナバスの子分ネズミ・サムエルの吹替をカジサックが担当していることも発表された。

足元にウサギが群がる千葉雄大。

足元にウサギが群がる千葉雄大。[拡大]

本日は約60羽のウサギに囲まれながらトークを繰り広げた3人。前作から続投した千葉は「パワフルな映画なので、また皆さんに元気を届けられてうれしい。ピーターは表情が豊かなので、それに合わせて声を吹き込みました」と喜びをあらわにし、自分の足元に群がるウサギたちを見回しながら「ウサギに懐かれる体質なんです」とほほえんだ。

ウサギを抱っこして登場した哀川翔。

ウサギを抱っこして登場した哀川翔。[拡大]

声優初挑戦となった哀川は「緊張感もあったけど、ワル役なんですんなり行けましたよ。テンポの問題なんかもいろいろあったけど、貫禄を出したいというのもあって、そのあたりに注意して挑みました」とアフレコを振り返る。カジサックは「(劇中の)ワル軍団にもそれぞれストーリーがある。ワル軍団で1本映画作れるぐらい!」と、哀川とともに地下組織のメンバーの活躍ぶりをアピールした。

千葉雄大の餌の皿に群がるウサギたち。

千葉雄大の餌の皿に群がるウサギたち。[拡大]

イベントではウサギにまつわるゲーム対決も行われた。「どちらがウサギのハートをつかめる!?」という餌やり対決では、千葉と哀川が野菜などを自らチョイスし、餌を皿に盛りつける。千葉の皿にウサギが殺到する一方、哀川がウサギを餌で懸命におびき寄せながら「まったく反応しないや」とぼやく場面も。続いての心理テストでは、それぞれの“魔性度”が明らかにされた。哀川が「20%・単純思考の兄貴的存在」と診断され、千葉は「100%・魔性カリスマタイプ」という結果に。千葉は「魔性カリスマタイプでしたし、ウサギには好かれるし。今日は大満足です!」と満面の笑みを浮かべた。

ウィル・グラック監督作「ピーターラビット2/バーナバスの誘惑」は、6月25日に全国公開。

この記事の画像・動画(全22件)

読者の反応

  • 4

ももるもっと @momorifa

千葉雄大にウサギ殺到「大満足です!」、哀川翔も全力で餌やり(写真21枚) https://t.co/ZHymoTFx8C

コメントを読む(4件)

関連記事

千葉雄大のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ピーターラビット2/バーナバスの誘惑 / 千葉雄大 / 哀川翔 / カジサック / ウィル・グラック の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。