戦慄のフレンチホラー「屋敷女」ノーカット完全版が公開決定

133

フレンチホラー「屋敷女」のノーカット完全版が、7月30日に劇場初公開される。

「屋敷女」ポスタービジュアル

「屋敷女」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

「屋敷女」

「屋敷女」[拡大]

数々の陰惨な描写により、2007年の日本公開時には大幅な修正とカットを余儀なくされた本作。クリスマスイブの真夜中、出産を翌日に控えた妊婦サラの家に、黒い服を来た謎の女が忍び込む。大きなハサミを手に、ものすごい形相でサラに襲いかかる謎の女。信じられない衝撃と理不尽な恐怖に包まれたサラを、さらに陣痛が襲う。

正体不明の殺人鬼を「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」のベアトリス・ダルが演じ、ヴァネッサ・パラディの妹アリソン・パラディがサラに扮した。監督を務めたのはジュリアン・モーリーアレクサンドル・バスティロ

「屋敷女」は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国で公開される。

※「屋敷女」はR18+指定作品

この記事の画像(全3件)

関連記事

ジュリアン・モーリーのほかの記事

リンク

(c)2007 LA FABRIQUE DE FILMS BR FILMS

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 屋敷女 / ジュリアン・モーリー / アレクサンドル・バスティロ / ベアトリス・ダル / アリソン・パラディ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。