セルゲイ・ポルーニン出演のフランス映画「シンプルな情熱」7月公開

136

フランス映画「Passion simple(原題)」が「シンプルな情熱」の邦題で公開決定。7月2日より東京のBunkamura ル・シネマほか全国で封切られる。

「シンプルな情熱」

「シンプルな情熱」

大きなサイズで見る

本作は作家アニー・エルノーがある男性との実体験を赤裸々につづった同名小説を映画化した愛と官能の物語。主人公はパリの大学で文学を教える教師のエレーヌだ。歳下で既婚者のロシア外交官アレクサンドルとの関係にのめり込んでいくエレーヌの高揚と幸福、そして痛みを描く。

監督を務めたのは、「ファインダーの中の欲望」「わたしはパリジェンヌ」で知られるダニエル・アービッド。「若い女」のレティシア・ドッシュがエレーヌ、「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」のセルゲイ・ポルーニンがアレクサンドルを演じている。映画は第73回カンヌ国際映画祭「Official Selection 2020」に選出された。

※「シンプルな情熱」はR18+指定作品

関連記事

セルゲイ・ポルーニンのほかの記事

関連商品

(c)2019 L.FP. Les Films Pelleeas – Auvergne - Rhone-Alpes Cinema - Versus production

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 シンプルな情熱 / セルゲイ・ポルーニン / ダニエル・アービッド / レティシア・ドッシュ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。