本日放送「シグナル」SP、坂口健太郎がドラマから劇場版へつながる役柄の成長語る

600

本日放送される「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」より、主演の坂口健太郎からコメントが到着した。

坂口健太郎

坂口健太郎

大きなサイズで見る(全18件)

「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」ビジュアル

「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」ビジュアル[拡大]

2018年に放送された連続ドラマの続編となる本作は、謎の無線機が現在と過去の2人の刑事をつなぎ、さまざまな未解決事件を解決していくヒューマンサスペンス。前作に続き、現在に生きる刑事・三枝健人を演じた坂口は「今回の事件はこれまで以上に無線機の力がないと解決できないと思っていて、サスペンスとしての仕掛けのクオリティがいい」と作品の魅力をアピールする。

「これだけ1つの役を長くやることが今までなかった」という坂口。健人という役柄の成長について「連ドラのときは、前半であえて青っぽさを出したり、徐々に健人をアップデートしている感覚があった」と振り返り、4月2日に封切られる劇場版にも触れながら「映画では新しいエッセンスとしてアクションの要素も加わって、もちろん三枝健人という同じ役をやっているけど、少しずつ変わっていくさまをやっていくのは初めての経験」と語った。

「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」

「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」[拡大]

また、健人と対峙する元警察官で建設会社社長・石川匠役の青木崇高との共演にも言及。坂口は「青木さんが悪役を振り切ってやってくださったので、お芝居をしていてすごく楽しかった」と回想すると、健人が石川の胸ぐらをつかむシーンに関して「実は台本には書かれていなくて、芝居をしながら生まれたもの。青木さんと一緒になってシーンを作った感覚があった」と述べる。さらに「映画では健人がアクションという肉体的なアプローチをしていく中で、連ドラの健人ではやらなかったような、力が入るシーンをやりたいと思い、提案させていただいた」とスペシャルドラマと映画のつながりも明かした。

仁志光佑が脚本、鈴木浩介が演出を担当した「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」はカンテレ・フジテレビ系でオンエア。なお「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」は全国で公開される。

シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル

カンテレ・フジテレビ系 2021年3月30日(火)21:30~

この記事の画像・動画(全18件)

関連記事

坂口健太郎のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班 / 坂口健太郎 / 鈴木浩介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。