作曲家ヨハン・ヨハンソンの監督作が公開、ナレーターはティルダ・スウィントン

203

作曲家ヨハン・ヨハンソンが監督を務めた長編映画「Last and First Men」が、「最後にして最初の人類」の邦題で7月23日より公開される。

「最後にして最初の人類」ティザービジュアル

「最後にして最初の人類」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

アイスランド出身のヨハンソンは、クラシックと電子音を融合させた音楽スタイルで知られ、映画や舞台、コンテンポラリーダンスなど幅広いジャンルで活躍した作曲家。映画では「博士と彼女のセオリー」「ボーダーライン」「メッセージ」「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」などの音楽を手がけたが、2018年2月9日に48歳でこの世を去った。

「最後にして最初の人類」ティザーチラシ裏面

「最後にして最初の人類」ティザーチラシ裏面[拡大]

イギリスの作家オラフ・ステープルドンによる小説を原作とする「最後にして最初の人類」は、もともとシネマコンサートとして上演されたものがベースとなっている。ヨハンソンが監督した16mmフィルムの映像をスクリーンに投影し、女優のティルダ・スウィントンがナレーションを加え、オーケストラが音楽を生演奏するスタイルだ。この作品を、16mmフィルムの撮影監督シュトゥルラ・ブラント・グロヴレンを中心とした参加スタッフが1本の長編映画として構成。ヨハンソンの死から2年を経て、2020年のベルリン国際映画祭でワールドプレミア上映された。YouTubeでは予告編が公開中だ。

「最後にして最初の人類」は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、 新宿シネマカリテほか全国で順次公開。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

ヨハン・ヨハンソンのほかの記事

リンク

(c)2020 Zik Zak Filmworks / Johann Johannsson

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 最後にして最初の人類 / ヨハン・ヨハンソン / ティルダ・スウィントン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。