「イチケイのカラス」小日向文世が伝説の刑事裁判官、草刈民代が最高裁判所判事に

156

4月にスタートするフジテレビ系の月9枠ドラマ「イチケイのカラス」に、小日向文世草刈民代が出演する。

左から小日向文世演じる駒沢義男、草刈民代演じる日高亜紀。

左から小日向文世演じる駒沢義男、草刈民代演じる日高亜紀。

大きなサイズで見る(全7件)

浅見理都のマンガをもとに、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)の刑事裁判官・入間みちおと、彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍を描く本作。竹野内豊がみちお、黒木華が堅物裁判官・坂間千鶴、新田真剣佑が裁判所書記官の青年・石倉文太役でキャストに名を連ねた。

小日向はイチケイの部長であり、みちおが師と仰ぐ伝説の刑事裁判官・駒沢義男役で出演。笑みを絶やさず、マイペースなみちおを温かく見守る人物だが、“刑事裁判官の心構え”をまとめた本を自費出版しており、ことあるごとに坂間に売りつけようとするセコい一面を持っている。なお、その目的はスマホゲームに課金するための資金稼ぎ。

草刈はエリート中のエリートである最高裁判所判事・日高亜紀に扮する。坂間の司法研修所時代の上席教官であり、同じ長崎県出身の女性裁判官として彼女のことを気にかけている。そして、みちおが弁護士バッジを捨てるきっかけとなった裁判で裁判長を務めていたのが日高であり、彼にとっては因縁の相手だ。

小日向は「マイペースでほわっとしているみちおと、常にピシッとしている坂間。そして、ニコニコしながらそれを見ている駒沢。いいチームワークだと思います」とコメント。草刈は「米連邦最高裁判事だったルース・ベイダー・ギンズバーグさんのドキュメンタリー番組を見て、“なんてカッコいい人だろう”と思っていました。それが、まさか自分が最高裁判事を演じることになるなんて」と驚きをつづっている。

「イチケイのカラス」は毎週月曜21時から放送。「絶対零度」シリーズの浜田秀哉が脚本を手がけ、田中亮星野和成、森脇智延、並木道子が演出を担当する。

イチケイのカラス

フジテレビ系 2021年4月スタート 毎週月曜 21:00~21:54

小日向文世 コメント

刑事裁判官と書記官がメーンのドラマは今までにない新しい試みだと思いました。駒沢は柔らかい人柄で、裏表なく、真実に対してとにかく真面目に向き合っている人です。自分が裁判官の道に引っ張ったみちおと、イチケイに新しく入ってきた坂間の2人を、まるで自分の子供かのようにほほえましく見守っている、そんな温かい存在でありたいと心がけています。竹野内さんは自分のペースをしっかりお持ちで、いつも柔らかい空気感をまとった方です。一方、黒木さんはしっかり者のすてきな女優さんです。マイペースでほわっとしているみちおと、常にピシッとしている坂間。そして、ニコニコしながらそれを見ている駒沢。いいチームワークだと思います。少し堅い話かなと思われるかもしれませんが、今までに見たことがない世界を知ることができる内容になっていますし、魅力的な俳優陣がそろっていて面白いです! ぜひご覧ください。

草刈民代 コメント

米連邦最高裁判事だったルース・ベイダー・ギンズバーグさんのドキュメンタリー番組を見て、“なんてカッコいい人だろう”と思っていました。それが、まさか自分が最高裁判事を演じることになるなんて。日本に15人しかいない特別な存在です。イチケイの個性豊かな裁判官とはまた違うタイプの裁判官の姿をお見せできればいいなと思っています。

後藤博幸(プロデューサー)コメント

小日向さんは“伝説の裁判官”、草刈さんは“最高裁判事”と聞くと、共にお堅い鉄仮面のようなキャラクターイメージが先行しますが、シーンによって少しオフモードになった際のお二人の人間味あふれるお芝居にこそご注目いただきたいです。さらに、主人公・みちおと過去に深い関わりを持つキャラクターでもありますので、物語の中盤以降、その因縁を踏まえた驚きの展開が訪れます。1話から張り巡らされた伏線をお見逃しなく!

この記事の画像(全7件)

関連記事

小日向文世のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 小日向文世 / 草刈民代 / 田中亮 / 星野和成 / 並木道子 / 浅見理都 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。