108本のバラに岩田剛典「ずっしりと重いです」、主演作イベントに松井愛莉と参加

410

名も無き世界のエンドロール」とdTVオリジナルドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~」のヒットを記念した舞台挨拶が、2月4日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた。

左から松井愛莉、岩田剛典、佐藤祐市。

左から松井愛莉、岩田剛典、佐藤祐市。

大きなサイズで見る(全22件)

「名も無き世界のエンドロール」は、自分たちの運命を変えた不条理な世の中に復讐するため、異なる道を歩んだキダとマコトの姿を描くサスペンス。全3話のdTVドラマでは映画のその後が描かれる。

岩田剛典

岩田剛典[拡大]

舞台挨拶にはキダ役の岩田剛典EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、ドラマにミチル役で出演している松井愛莉、監督の佐藤祐市が参加した。1月29日に公開された映画について、岩田は「周りの人からのメールや、レビューサイトに投稿された感想を見ていますが、ご覧になった皆さんそれぞれに違った受け取り方があって、それが映画の魅力だと感じています。さまざまなリアクションを見ることができて、日々楽しんでいます」と述べる。

松井愛莉

松井愛莉[拡大]

映画の見どころを聞かれた岩田は「冒頭3分をよく観ていただきたいですね。実はそこからすでに仕掛けが始まっていて、冒頭からラストに至るまで時系列が緻密に考えられているところがこの映画の醍醐味だと思います」とアピール。松井は「映画とドラマでセリフが重なる部分があったりするんです。そこまで計算されているので、映画から観るとより楽しめると思います!」と伝えた。

岩田剛典

岩田剛典[拡大]

左から松井愛莉、岩田剛典、佐藤祐市。

左から松井愛莉、岩田剛典、佐藤祐市。[拡大]

続いて○と×が書かれたプレートを使ったQ&Aを実施。「恋人にするならどっち?」という質問に、冷静沈着なキダ派は○、猪突猛進なマコト派は×を上げることに。8割の観客が○を上げる中、岩田自身もキダを選び「自分が猪突猛進じゃないから、(マコトとは)テンションが合わないんじゃないかと」と相性を述べる。一方、松井はマコトを選び、その理由について「一緒にいてワイワイできる方が楽しいと思うので! 私は全然引っ張っていけるタイプではないので、引っ張っていってくれる人がいいな」と語った。

松井愛莉(左)から花束を受け取る岩田剛典(右)。

松井愛莉(左)から花束を受け取る岩田剛典(右)。[拡大]

岩田剛典

岩田剛典[拡大]

舞台挨拶の終盤には、座長としてこれまで製作チームを引っ張ってきた岩田に108本のバラがプレゼントされた。松井から花束を受け取った岩田は「108本! 思ったよりもずっしりと重いです」とうれしそうにコメント。そして「撮影していたときは、(新型コロナウイルスが蔓延する)こんな状況は想像できていませんでした。公開させていただくまでに、多くのキャスト・スタッフの皆様と時間を積み重ねたことで、今日こうして舞台に立てるのだなと実感し、改めて幸せを感じています。今日こうして花束をいただき勇気をもらえました! 映画は、頭を真っ白にして観ていただきたいです! 感染症対策をしっかりとして万全な態勢で劇場へ足を運んでいただけるとうれしいです」とメッセージを送った。

「名も無き世界のエンドロール」は全国で公開中。「Re:名も無き世界のエンドロール ~Half a year later~」は現在第1話がdTVで配信されており、本日2月5日21時に第2話、12日21時に第3話が配信される。

この記事の画像・動画(全22件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

岩田剛典のほかの記事

リンク

関連商品

(c)行成薫/集英社 (c)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会 (c)エイベックス通信放送

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 名も無き世界のエンドロール / 岩田剛典 / EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE / 松井愛莉 / 佐藤祐市 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。