サマラ・ウィーヴィングが大暴れ、「ガンズ・アキンボ」激烈アクションシーン解禁

51

ダニエル・ラドクリフ主演作「ガンズ・アキンボ」より本編映像の一部がYouTubeで公開された。

「ガンズ・アキンボ」より、サマラ・ウィーヴィング演じるニックス。

「ガンズ・アキンボ」より、サマラ・ウィーヴィング演じるニックス。

大きなサイズで見る(全15件)

「ガンズ・アキンボ」ポスタービジュアル

「ガンズ・アキンボ」ポスタービジュアル[拡大]

本作は、ネットの掲示板やコメント欄への過激な書き込みでストレス解消しているゲーム会社のプログラマー・マイルズを主人公としたガンアクション。闇サイト「スキズム」を荒らして運営を激怒させた彼は、両手にボルトで銃を固定され、デスゲームに参加させられる。ラドクリフがマイルズを演じ、彼と戦う殺し屋ニックスに「レディ・オア・ノット」のサマラ・ウィーヴィングが扮した。

このたびニックスのアクションシーンが解禁に。殺し合いを生配信する「スキズム」のカリスマプレイヤーであるニックスは、2丁マシンガンを携えて敵陣に1人で乗り込み、屈強な男たちを次々と蹴散らしていく。そして「スキズム」最高記録の“47キル”を余裕で達成する。

サマラ・ウィーヴィングは、「マトリックス」シリーズや「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで知られるヒューゴ・ウィーヴィングを叔父に持つ俳優。本作について「いろんなジャンルをミックスすることが効果的だったと思う。バイオレンスなシーンがたっぷりあるから、コメディを混ぜて息をつかせる必要がある。ジャンルを混ぜることによって、トーンが落ち着くことがあるの。自分の人生を見ても思うけど、大変な状況にあるときって笑いを探すものじゃない? そうすることで乗り越えやすくなる。それが人間というものだと思う」と語っている。

ジェイソン・レイ・ハウデンが監督を務めた「ガンズ・アキンボ」は、2月26日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

※「ガンズ・アキンボ」はR15+指定作品

この記事の画像・動画(全15件)

関連記事

サマラ・ウィーヴィングのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ガンズ・アキンボ / サマラ・ウィーヴィング / ダニエル・ラドクリフ / ジェイソン・レイ・ハウデン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。