廃線寸前!銚子電鉄製作の「電車を止めるな!」公開、心霊電車描くホラーコメディ

148

千葉の銚子電気鉄道が製作した「電車を止めるな!~のろいの6.4km~」が、12月18日より東京の池袋シネマ・ロサで公開されることがわかった。

「電車を止めるな!~のろいの6.4km~」ポスタービジュアル

「電車を止めるな!~のろいの6.4km~」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全9件)

「電車を止めるな!~のろいの6.4km~」ビジュアル

「電車を止めるな!~のろいの6.4km~」ビジュアル[拡大]

1923年に開業した銚子電鉄は、銚子駅と外川駅をつなぐ全長6.4kmのローカル鉄道。鉄道事業に関しては赤字経営が続いており、その厳しい経営環境を逆手に取った戦略で話題を集めてきた。現在、老朽化した変電所の大規模修繕を控えており、その資金が用意できなければ、電車が止まってしまう状況に陥っている。

「電車を止めるな!~のろいの6.4km~」

「電車を止めるな!~のろいの6.4km~」[拡大]

「電車を止めるな!~のろいの6.4km~」

「電車を止めるな!~のろいの6.4km~」[拡大]

そして2019年に「銚電を必要とする人たちのためにこれからも電車を走らせ続けたい」という思いから、クラウドファンディングを用いた映画の製作が始動する。映画は廃線寸前の鉄道会社が企画した起死回生の心霊電車企画を描いたホラーコメディ。社員全員で必死に心霊現象を演出するが、丑三つ時に本物の霊現象が起こり始める。「鉄道を舞台にしたホラー10%、ギャグ90%の“超C(銚子)級エンターテインメント映画”」を謳った。

竹本勝紀

竹本勝紀[拡大]

社長の竹本勝紀が企画・プロデュースに加え、脚本にも参加。赤井宏次が監督を務め、コウガシノブ末永百合恵、HINA、松本倖大道井良樹、池上恵らがキャストに名を連ねた。また中田敦彦オリエンタルラジオ)が友情出演、怪奇漫画家の日野日出志が特別出演している。

「電車を止めるな!~のろいの6.4km~」は一般2000円、中学生1200円、小学生以下1000円の特別興行。銚子電鉄1日乗車券と菓子が付属する。また上映期間中は、ぬれ煎餅やまずい棒などの銚子電鉄制作のオリジナル商品などが劇場売店で販売される。

この記事の画像(全9件)

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 電車を止めるな!~のろいの6.4km~ / 赤井宏次 / コウガシノブ / 末永百合恵 / 松本倖大 / 道井良樹 / 中田敦彦 / オリエンタルラジオ / 日野日出志 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。