セックスで寄生虫が感染!クローネンバーグ初期SFホラー「シーバース」初BD化

164

デヴィッド・クローネンバーグの劇場映画デビュー作「シーバース」が国内初Blu-ray化。「シーバース/人喰い生物の島<最終盤>」として2021年2月10日に発売される。

「シーバース/人喰い生物の島」

「シーバース/人喰い生物の島」

大きなサイズで見る(全9件)

「シーバース/人喰い生物の島」

「シーバース/人喰い生物の島」[拡大]

シーバース/人喰い生物の島(最終盤 / Blu-ray)

シーバース/人喰い生物の島(最終盤 / Blu-ray)
Amazon.co.jp

シーバース/人喰い生物の島(Blu-ray)

シーバース/人喰い生物の島(Blu-ray)
Amazon.co.jp

本作は「スキャナーズ」「ヴィデオドローム」「ザ・フライ」「クラッシュ」などで知られるクローネンバーグが1975年に発表したSFホラー。あるマンションを舞台に、セックスによって人から人へ感染していく寄生虫の恐怖を描く。2枚組の最終盤は税込9680円。同時発売の単品Blu-rayは税込6380円となる。

「シーバース/人喰い生物の島」

「シーバース/人喰い生物の島」[拡大]

「シーバース/人喰い生物の島」

「シーバース/人喰い生物の島」[拡大]

最終盤には「SF人喰い生物の島」のタイトルにて1979年5月にテレビ東京で放映された日本語吹替版を初収録。そのほか計90分の特典映像、クローネンバーグによるオーディオコメンタリー、計16ページのブックレットなどが収められた。「地獄甲子園」の山口雄大、「惡の華」の井口昇が参加したオーディオコメンタリーも聴くことができる。

この記事の画像(全9件)

関連記事

デヴィッド・クローネンバーグのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 デヴィッド・ クローネンバーグの シーバース / デヴィッド・クローネンバーグ / 山口雄大 / 井口昇 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。