自動車事故で性的興奮、D・クローネンバーグ「クラッシュ」4K無修正版が公開

743

デヴィッド・クローネンバーグが1996年に発表した「クラッシュ」の4K無修正版が、2021年1月29日より東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開される。

「クラッシュ 4K無修正版」

「クラッシュ 4K無修正版」

大きなサイズで見る(全11件)

「クラッシュ 4K無修正版」

「クラッシュ 4K無修正版」[拡大]

SF作家J・G・バラードの同名小説を映画化した本作は、自動車事故により性的興奮を覚える人々を描く作品。事故を起こしたことからエクスタシーに目覚める主人公ジェームズをジェームズ・スペイダー、事故相手の妻ヘレンをホリー・ハンター、交通事故で両足が不自由になりながらもボンデージファッションに身を包むガブリエルをロザンナ・アークエットが演じ、デボラ・カーラ・アンガーイライアス・コティーズも出演した。

「クラッシュ 4K無修正版」

「クラッシュ 4K無修正版」[拡大]

撮影は「裸のランチ」以降のクローネンバーグ長編作品すべてに参加しているピーター・サシツキーが担当。第49回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞する一方、その過激な性描写が問題視されイギリスのDaily Mail紙が1面で上映禁止を呼びかけるなど、賛否両論を巻き起こした。

「クラッシュ 4K無修正版」

「クラッシュ 4K無修正版」[拡大]

このたびの上映素材は、2019年に第76回ヴェネツィア国際映画祭で上映され話題を集めたもの。長らく消失したと思われていた35mmオリジナルネガが発見されたことを機に、サシツキー監修のもと4K化され、クローネンバーグが最終承認を与えた素材となっている。

※「クラッシュ 4K無修正版」はR18+指定作品

この記事の画像(全11件)

関連記事

デヴィッド・クローネンバーグのほかの記事

関連商品

(c)1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 クラッシュ 4K無修正版 / クラッシュ(1996年) / デヴィッド・クローネンバーグ / ジェームズ・スペイダー / ホリー・ハンター / ロザンナ・アークエット / デボラ・カーラ・アンガー / イライアス・コティーズ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。