成田凌が大倉忠義のぬいぐるみ抱き「窮鼠」イベントに登場、行定勲と“3人”でヒット祝う

9936

窮鼠はチーズの夢を見る」の舞台挨拶が本日10月6日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、キャストの成田凌、監督を務めた行定勲が登壇した。

成田凌と大倉忠義のぬいぐるみ。

成田凌と大倉忠義のぬいぐるみ。

大きなサイズで見る(全11件)

水城せとなのマンガ「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」を映画化した本作。学生時代から受け身の恋愛を繰り返してきた主人公・大伴恭一を大倉忠義(関ジャニ∞)、恭一に一途なアプローチを繰り返す今ヶ瀬渉を成田が演じた。

「窮鼠はチーズの夢を見る」舞台挨拶の様子。

「窮鼠はチーズの夢を見る」舞台挨拶の様子。[拡大]

成田は、客席に高校生の観客がいたことから「高校生に観ていただけるのはうれしいですね」とほほえむ。行定は公開後に15歳の観客から寄せられた感想を「『愛のあり方を知りました、愛ってこういうことなんですね』とその子なりの言葉で言っていました。『自分は彼氏ができたことはないけど、人を好きになって、受け入れるってこういうことなんだ』と言っていただきました」と紹介。成田は「その感想を15歳で行定さんに伝えられる機会ってないじゃないですか。その方にとってすごくいい機会になったと思います」と感嘆しつつ、「15歳かー、(自分は)サッカーのことしか頭になかったな……」と遠くを見つめた。

成田凌と大倉忠義のぬいぐるみ。

成田凌と大倉忠義のぬいぐるみ。[拡大]

周囲から寄せられた感想を問われると、成田は「母親が唯一感想を言ってこなかった作品です」とコメント。「『今から友達と観てくるよ!』ってウッキウキで写真を撮って送ってきたんですけど、その後音信不通っていう」と語り、観客を笑わせる。また、「ゲイの方の反応がものすごくいいんです。この作品をリアルに感じてくださったことが本当にうれしくて、安心しましたね」と心境を語った。

行定勲

行定勲[拡大]

かねてから大倉と成田のコンビを称賛してきた行定。МCが「この2人が出演してくれてよかったと、もっとも強く感じたシーンは?」と質問すると、行定は「終始ですね」と断言し「大倉は思った以上に暗い部分を持っていると思うんです。明るいだけではなくて、コントラストが彼の中にちゃんとあるので、恭一を翻弄していた今ヶ瀬が逆に翻弄される空気になるときがある。2人はそれがうまかったと思います」と説明する。成田は今ヶ瀬について「心が強いですよね。少しうらやましさがあります。演じたけど、僕自身は今ヶ瀬みたいにはなれないなと思います」と述べた。

大倉忠義のぬいぐるみのパンツがずり落ち、焦る成田凌。

大倉忠義のぬいぐるみのパンツがずり落ち、焦る成田凌。[拡大]

「窮鼠はチーズの夢を見る」舞台挨拶の様子。

「窮鼠はチーズの夢を見る」舞台挨拶の様子。[拡大]

この日参加が叶わなかった大倉の“代わり”に、彼のぬいぐるみを抱いて登場した成田。大倉のメンバーカラーである緑色のスニーカーを観客に見せ、「今日は大倉くんの色のコンバースです」とアピールする。イベント前の控室でぬいぐるみのTシャツとパンツをめくるという成田の行動を暴露した行定が「今ヶ瀬っぽいなと思いました」とつぶやく場面や、抱いているうちにぬいぐるみのパンツがずり落ち、成田が焦る一幕も。終盤にはくす玉を割り、“3人”で本作のヒットを祝った。

「窮鼠はチーズの夢を見る」は全国で公開中。イベント中には台湾、韓国での上映が決定したことも発表された。

※「窮鼠はチーズの夢を見る」はR15+指定作品

この記事の画像(全11件)

関連記事

成田凌のほかの記事

リンク

関連商品

(c)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 窮鼠はチーズの夢を見る / 成田凌 / 行定勲 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。