秋元康×大根仁の新作ドラマ「共演NG」に森永悠希、小島藤子、瀧内公美ら7名

55

ドラマ「共演NG」の新キャストが明らかに。森永悠希小島藤子岡部たかし迫田孝也岩谷健司瀧内公美橋本じゅんが出演する。

「共演NG」新キャスト。上段左から森永悠希、小島藤子、岡部たかし、迫田孝也。下段左から岩谷健司、瀧内公美、橋本じゅん。

「共演NG」新キャスト。上段左から森永悠希、小島藤子、岡部たかし、迫田孝也。下段左から岩谷健司、瀧内公美、橋本じゅん。

大きなサイズで見る(全6件)

中井貴一鈴木京香が共演する本作は、かつて恋人同士だった大物俳優の遠山英二と大園瞳を中心にした物語。破局後に長らく共演NGだった2人が、弱小テレビ局の社運を懸けた連続ドラマ「殺したいほど愛してる」で25年ぶりに共演することに。ドラマの制作現場で巻き起こるドタバタとラブストーリーが展開される。

このたびドラマのスタッフ陣を演じるキャストが解禁。森永が報道局から異動してきたばかりの新人助監督・佐々木信也、小島が毒舌でしっかり者のアシスタントプロデューサー・楠木美和、岡部がドラマ愛が人一倍強い監督・池田匠、迫田が現場の騒動に頭を悩ますプロデューサー・是枝育夫、岩谷がドラマの総責任者・戸沢寛治、瀧内が宣伝プロデューサーの与謝野・M・リリカに扮する。橋本はゲスな質問も平気で浴びせるスポーツ関東の芸能デスク・中川役でキャスティングされた。7人によるコメントは下記の通り。

秋元康が企画・原作、大根仁が監督・脚本を担当した「共演NG」は、10月26日にテレビ東京系でスタート。毎週月曜22時より放送される。

共演NG

テレビ東京系 2020年10月26日(月)スタート 毎週月曜 22:00~
※BSテレ東・BSテレ東4Kでも放送予定

森永悠希 コメント

「共演NG」の台本を読んだ時、タイトルにまずびっくりしまして(笑)。そして業界にいるとリアルに感じていることが沢山書いてあって…(笑)。テレビ東京らしい踏み込んだ内容で、面白く、自分自身も楽しみながら拝読させていただきました。
今回演じさせて頂くのは、助監督というポジションなので、小さい頃から僕が見てきた助監督さんたちの動きや、この作品の助監督さんの動きを参考にさせて頂いています。衣装も助監督っぽさが満載なので、現場でリアルに間違われています(笑)。もう、役者としてこの作品に参加しているのか、助監督として参加しているのか、本人もわからなくなりつつあります(笑)。
芸能界の裏側を覗く感覚で見られるドラマだと思いますので楽しんで見ていただきたいのと、一本作品作るのにも大変なんだなぁというのが少しでも伝わればいいなと思っております(笑)。宜しくお願い致します!

小島藤子 コメント

エンターテインメントな作品、新しい台本をいただく度に、次の展開を想像しながら撮影しています。
いつも現場で私のケアなどして下さるスタッフさんの仕事の一つで、AP役。ドラマ制作者側を演じるのは不思議で面白く、スタッフさんはこんな気持ちなのか?!とも感じながら演じています(笑)。
大根監督と作るテレ東チームは、いつも賑やかなので是非ドタバタ感を楽しんで、クスッと笑っていただきたいです!

岡部たかし コメント

気苦労が絶えない人は大変で精神的にも体力的にもきつい。それを回避しようとさらに気苦労を重ねる必死な姿は滑稽で笑えてもくる。同時に必死で真剣な姿はどこか哀しくもある。大人たちだから尚更。
台本を読み進めていくと、おもしろさと哀しみはセットで起こっているんだなーと思いました。
ドラマの中でドラマをつくるこの現場には実際のプロデューサーや実際の監督、スタッフ、俳優がいる。一方虚構のプロデューサーや虚構の監督、スタッフも山ほどいるので実際と虚構が入り乱れ、虚構のメイクさんにメイク直しを頼んだり、実際のカメラの前で気を抜いたり、虚構のプロデューサーにおべんちゃらなどを言ったりして現場は錯綜しています。
僕は虚構とはいえ監督なのでおもしろい虚構ドラマを実際につくりたいと意気込んでいます。
このドラマには現今を生きる人たちのリアルがあり、また、そこまで言うか、やるかという自虐的な言動行動も多々あり挑戦的です。過去のドラマ作品へのオマージュもちりばめられていてそういう意味でも楽しめますよん。

迫田孝也 コメント

普段からお世話になっている「ドラマ制作」の物語で、しかもプロデューサー役なんて仕切りのトップじゃないですか!?
顔合わせの日には主演の中井貴一さんに「迫田くんそのままでいいよ(微笑)」なんて言われたもんだから、俄然やる気がでてきましてね。意気揚々と撮影に臨んだのですが、、、まあよくこれだけ一筋縄ではいかないメンバーを揃えたなと。テレビ東洋ドラマ部長の戸沢さん(岩谷健司)と共に、毎シーンがてんやわんや! 一番の悪魔は大根監督かもしれませんけどね(笑)。
とにかく! ドラマ制作の現場に、とんでもない角度から切り込みまくる血湧き肉躍る作品となっております! ゴシップ好きな貴方も、そうでない貴女も、月曜夜10:00をお楽しみに!

岩谷健司 コメント

独創的で面白いドラマを作るテレビ東京で、しかも大好きな大根さんの作品という事で、とても嬉しかったです。脚本も面白く、しかも結構な大役だったので色んな意味で身震いしました。
今回演じる戸沢部長は、この後、倒れて入院してしまうのではないか、そんな心配をしてしまうほど大変な立場にたたされています。そんな男をまさに胃に穴があく思いで演じたいと思います。
色んな困難に立ち向かうも、無力な、愛すべきテレビ東洋チームをお楽しみ下さい。

瀧内公美 コメント

タイトルを見て、もう面白そうだなって思いました。監督が大根さんだとお伺いして、「ぜひやらせてください、お願いします」と頼み込んだ作品です。台本を読ませていただいて、(面白すぎて)読むのにこれだけ時間がかかった作品は未だかつてなかったです。
バズらせ屋“与謝野マウリシオリリカ”という役名の時点で、癖が強そうだなと感じました(笑)。劇中でドラマの制作陣チームとご一緒させていただくシーンが多いのですが、あまり馴染まないようには気をつけてはいます。しかし毎度現場が楽しいので、あまり笑いに呑まれないように気をつけながらやらせてもらっています。
ドラマ内では、テレビ東洋、通称“テレ東”が社運をかけたドラマ制作に挑んでおりますが、実際の我々テレビ東京、通称“テレ東”も真剣勝負でこの作品に賭けています!とプロデューサーがおっしゃっておりました。
ドラマなのか、はたまた現実なのか、非常に踊らされてはおりますが、どの世代にも面白く観ていただけるエンターテインメント作品に仕上がっていると思いますので、ぜひお楽しみに!! 月曜22時は、「共演NG」!

橋本じゅん コメント

大根さんからのオファーはとても嬉しかったですが、台本を読んで呆然としました。
今回の役を演じるにあたっての意気込みは、“ニーズに応える!”です!
このお話自体、本当に隠せるものなら隠したい!
しかし、人は多面体であり、今のテレビドラマへの一つの求愛だと思っています。お楽しみに!!

この記事の画像(全6件)

関連記事

森永悠希のほかの記事

リンク

関連商品

(c)「共演NG」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 森永悠希 / 小島藤子 / 岡部たかし / 迫田孝也 / 岩谷健司 / 瀧内公美 / 橋本じゅん / 中井貴一 / 鈴木京香 / 秋元康 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。