菅田将暉、写真家・森山大道のドキュメンタリーでオープニングナレーション担当

5202

写真家・森山大道のドキュメンタリー「過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道」のオープニングナレーションを、菅田将暉が担当していることがわかった。

菅田将暉

菅田将暉

大きなサイズで見る(全23件)

「過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道」

「過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道」[拡大]

「過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道」

「過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道」[拡大]

冒頭で流れる映像で菅田は、森山の写真の魅力を約4分間語る。菅田は学生のときから森山のファンであり、2人は2016年に東京・新宿ゴールデン街で行われた「あゝ、荒野」ポスターの撮影で初対面した。映像は9月12日、13日、19日、20日に東京・東京都写真美術館ホールで行われる先行上映のほか、2021年4月30日からの一般公開時にも観ることが可能だ。なお菅田は「深い深い黒く美しい写真には、何よりも夢と心がある。僕は、見えていないものばかりだ」と映画の推薦コメントを寄せている。

「過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道」は、菅田のほか宇多田ヒカル、木村拓哉、ONE OK ROCKら名だたる著名人と仕事をともにしてきた森山の知られざる素顔に迫る作品。岩間玄が監督、撮影、編集を担当した。東京・新宿武蔵野館、WHITE CINE QUINTO(ホワイト シネクイント)ほか全国で順次ロードショー。

杉田浩光(企画・プロデューサー)コメント

2016年夏、新宿ゴールデン街で映画「あゝ、荒野」のポスター撮影を行った。
写真家は森山大道さん、被写体は菅田将暉さんとヤン・イクチュンさんのお二人。
撮影後、興奮さめやらぬ菅田さんは、歌舞伎町のラーメン屋「どうとんぼり神座(大阪・道頓堀発)」でラーメンを啜りながら、しばらく、ずっと、その感動を語り続けていた。
数日後、付箋だらけの寺山修司「あゝ、荒野」(原作本)を持った岩間玄監督が僕の前に現れた。
これは何かの縁だ、きっとこの時から本作品でこの顔ぶれが合流することが決まっていたのかもしれない。
菅田将暉さんが、編集の最終段階で、本編オープニングのナレーションを読んでくれることになった。
まさに、新たな息吹を吹き込んでくれたと言うべきであろうか。
是非、この奇跡のマッチングを観て頂きたい。

「森山大道の東京 ongoing」開催記念 映画「過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道」特別先行上映

2020年9月12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)東京都 東京都写真美術館ホール
連日10:30~
料金:一般 1500円 / 大学生、高校生、シニア、中学生以下、障害者手帳所持者 1000円

この記事の画像(全23件)

関連記事

菅田将暉のほかの記事

リンク

関連商品

(c)『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい』フィルムパートナーズ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道 / 菅田将暉 / 森山大道 / 岩間玄 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。