「ドキュメンタリー沖縄戦」監督・太田隆文が語る、沖縄の悲しみを全国に伝える意義

119

ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」の監督・太田隆文が出演したWeb番組「活弁シネマ倶楽部」が、YouTubeで公開された。

「活弁シネマ倶楽部」より、太田隆文。

「活弁シネマ倶楽部」より、太田隆文。

大きなサイズで見る(全20件)

「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」ポスタービジュアル

「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」ポスタービジュアル[拡大]

第2次世界大戦末期、住民を巻き込んだ激しい地上戦として20万人以上の戦死者を出した沖縄戦。本作では体験者や専門家の証言を中心に、米軍が撮影した当時の映像を交えて当時を振り返る。

「活弁シネマ倶楽部」より、太田隆文。

「活弁シネマ倶楽部」より、太田隆文。[拡大]

3年間で8回にわたり沖縄で取材した太田。さまざまな立場の人たちに話を聞いていく中で「現実の悲しさは、机の上で作家が考えるどころではない」と感じ、沖縄戦における集団自決の取材では、あまりに圧倒的で質問できなくなったという。

また沖縄で行われた試写には1000人が来場し、「この映画を作ってくださってありがとうございます。沖縄のことって本土に伝わらないんです」と感謝されたと述懐。「完成して終わりでなく、全国に届けて初めて意味がある作品」だと本作の意義を語っている。

「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」は東京・K's cinemaほか全国で上映中。

この記事の画像・動画(全20件)

関連記事

太田隆文のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶 / 太田隆文 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。