明日にかける橋 1989年の想い出

明日にかける橋 1989年の想い出

アスニカケルハシセンキュウヒャクハチジュウキュウネンノオモイデ

2018年6月30日(土)公開 / 上映時間:131分 / 製作:2018年(日本) / 配給:渋谷プロダクション

(C)「明日にかける橋」フィルムパートナーズ

解説 『向日葵の丘1983 年・夏』『朝日のあたる家』『青い青い空』の太田隆文監督による心温まる家族ドラマ。不幸な境遇にいるヒロインが、不幸の引き金となった出来事の起きた1989年にタイムスリップし、人生を立て直そうと奮闘する様を描き出す。『花とアリス』『軽蔑』の鈴木杏が主演を務め、板尾創路、田中美里、宝田明らが共演した。

ストーリー 田舎町で暮らすみゆきは30代のOL。弟が交通事故で死んでからというもの不幸が続く中、彼女は酒に溺れる父と病気で入院する母を必死に支えていた。そんなある日、願いが叶うという明日橋を渡った彼女は、弟の死んだ1989年にタイプスリップしてしまう。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全9件)