日向坂46・佐々木久美ら「3年目のデビュー」鑑賞、ライブシーンに「泣いちゃうかも」

281

日向坂46初のドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」より、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒のインタビューが到着した。

左から佐々木美玲、小坂菜緒、佐々木久美。

左から佐々木美玲、小坂菜緒、佐々木久美。

大きなサイズで見る(全14件)

「3年目のデビュー」メインビジュアル

「3年目のデビュー」メインビジュアル[拡大]

けやき坂46(ひらがなけやき)から日向坂46となったデビュー1年目を中心に、メンバーたちの歩みを追った本作。製作総指揮は平野隆、企画監修は秋元康が担当。プロデューサーを刀根鉄太、監督を竹中優介が務めた。

佐々木久美

佐々木久美[拡大]

本編をメンバー全員で観たと話したのは佐々木久美。「私の隣は加藤(史帆)だったんですけど、映像で加藤が出てくると『嫌だ!』とか、インタビューが流れると『しゃべりすぎ!』とか、自分にツッコみながら観ている姿が面白かったです」と振り返る。小坂は「メンバー全員で1つの作品を観ることが初めてだったんですけど、思い出話をしながら楽しく観ることができました」と述べた。

佐々木美玲

佐々木美玲[拡大]

延期を経ての公開となった本作。「日向坂46って、誰か1人が悩んでいても、周りが笑い飛ばしてくれるんです」と話した佐々木久美は「この映画からも、つらいこともみんなで共有すれば乗り越えられる、みたいな雰囲気を感じて」と述懐する。「すごく私たちらしい作品だなって思いました」ともコメントした。

劇中に登場するライブシーンで印象的なものを尋ねると、佐々木久美は2018年1月から2月にかけて東京・日本武道館で披露した「イマニミテイロ」の場面を挙げる。「観ていて泣いちゃうかもって思った」「欅坂46さんの代わりに3日間のステージを任せてもらって、どうしようっていう思いとうれしい思い、いろんな気持ちが交錯して」と話す。

佐々木美玲も同曲について「大好きです」と言い、さらに2019年9月に埼玉・さいたまスーパーアリーナでパフォーマンスした「ハッピーオーラ」を挙げた。「当時、一番後輩の上村ひなのが初めてけやき坂46(ひらがなけやき)時代の全体曲にも参加していました。新しく覚えることが多いうえに、曲中、お客さんにコールを呼びかける大事な役割もあって。がんばっている姿に心が温かくなりました」と後輩への思いを語った。

小坂菜緒

小坂菜緒[拡大]

左から佐々木美玲、小坂菜緒、佐々木久美。

左から佐々木美玲、小坂菜緒、佐々木久美。[拡大]

2020年2月、神奈川・横浜アリーナでの「青春の馬」に感動したと話したのは小坂だ。「スケジュールの都合でこの日のライブに参加できなかったので、ステージをしっかり見たのはこの映画が初めてだったんです」と前置き、「休業していた濱岸ひよりの復帰後初ステージというのもあり、グッと来ました。センターを務めた金村美玖は、別の現場にいた私に『早く会いたい』とか『がんばってくるね』とか、たくさん言葉を掛けてくれて。堂々としたパフォーマンスがかっこよかったです」とコメントしている。

日向坂46初のドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」は、本日8月7日より全国で順次公開。

この記事の画像・動画(全14件)

※記事初出時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正します

関連記事

日向坂46のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020映画「3年目のデビュー」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 3年目のデビュー / 日向坂46 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。