三浦春馬の著書「日本製」が重版、売り上げの一部をラオスの小児病院へ寄付

3103

7月18日に死去した三浦春馬の著書「日本製」とドキュメンタリー写真集が付いた特装版「日本製+Documentary PHOTO BOOK 2019-2020」が重版されたことが明らかに。両書の売り上げの一部が、NPO法人フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPANを通じて、ラオスの小児病院へ寄付されることもわかった。

「日本製」書影

「日本製」書影

大きなサイズで見る(全2件)

三浦による月刊誌プラスアクトの連載「日本製」を書籍化した本書は、日本文化、伝統、歴史、産業など未来へ向けて残し伝えたい“日本”を見つめるべく、三浦が約4年にわたり全国47都道府県を訪れ、各地で学んできたものをまとめた1冊。重版分は8月以降に順次各書店へ納入される予定となっている。

「日本製+Documentary PHOTO BOOK 2019-2020」特製BOX(ドキュメンタリー写真集撮影:京介)

「日本製+Documentary PHOTO BOOK 2019-2020」特製BOX(ドキュメンタリー写真集撮影:京介)[拡大]

またこのたびの寄付は三浦の所属事務所アミューズと協議して決まったもの。発行元のワニブックスは「三浦さんが長年取り組んでいたチャリティーイベント『Act Against AIDS』にて、実際にラオスに足を運ぶなどして続けていた支援活動を、微力ながら応援させていただきます」とコメントしている。

この記事の画像(全2件)

関連記事

三浦春馬のほかの記事

リンク

関連商品