エンニオ・モリコーネの楽曲流れる「海の上のピアニスト」本編映像を公開

145

4Kデジタル修復版、イタリア完全版が上映される「海の上のピアニスト」より、エンニオ・モリコーネの楽曲を使用した本編映像の一部がYouTubeで公開された。

「海の上のピアニスト 4Kデジタル修復版&イタリア完全版」

「海の上のピアニスト 4Kデジタル修復版&イタリア完全版」

大きなサイズで見る(全8件)

「海の上のピアニスト 4Kデジタル修復版&イタリア完全版」ビジュアル

「海の上のピアニスト 4Kデジタル修復版&イタリア完全版」ビジュアル[拡大]

「ニュー・シネマ・パラダイス」「鑑定士と顔のない依頼人」で知られるイタリアの映画監督ジュゼッペ・トルナトーレがメガホンを取った本作。豪華客船の中で生まれ、生涯一度も船を下りなかったピアニスト・1900(ナインティーン・ハンドレッド)をティム・ロスが演じた。40分以上のシーンが復活したイタリア完全版では、伝説のピアニストとして成長していく1900の音楽的なバックボーンが丁寧に描かれている。

イタリア現地時間7月6日に91歳で死去したモリコーネが音楽を担当した本作。「Magic Waltz」が流れるシーンを切り取った映像には、荒波に揺られて動くピアノを1900がこともなげに弾く様子が収録された。また「愛を奏でて」の使用シーンも公開され、1900が美しい少女に出会いひと目惚れするさまが映し出されている。

「海の上のピアニスト」4Kデジタル修復版は8月21日より、イタリア完全版は9月4日より、東京・YEBISU GARDEN CINEMA、角川シネマ有楽町、UPLINK吉祥寺ほか全国で順次公開。

この記事の画像・動画(全8件)

関連記事

ジュゼッペ・トルナトーレのほかの記事

リンク

(c)1998 MEDUSA