ジェームズ・ノートンとピーター・サースガード、ソ連の闇描いた共演作を語る

34

赤い闇 スターリンの冷たい大地で」のキャストであるジェームズ・ノートンピーター・サースガード、そして監督アグニェシュカ・ホランドの3ショットが公開された。

左からジェームズ・ノートン、アグニェシュカ・ホランド、ピーター・サースガード。(c)Erik Weiss

左からジェームズ・ノートン、アグニェシュカ・ホランド、ピーター・サースガード。(c)Erik Weiss

大きなサイズで見る(全13件)

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」ポスタービジュアル

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」ポスタービジュアル[拡大]

実在したジャーナリスト、ガレス・ジョーンズがヨシフ・スターリン統治下のソ連の恐るべき実態に迫っていく姿を描く本作。「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」でジョン・ブルックを演じたノートンがジョーンズ役を務めた。

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」より、ジェームズ・ノートン演じるガレス・ジョーンズ。

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」より、ジェームズ・ノートン演じるガレス・ジョーンズ。[拡大]

今回公開された3ショット写真は、本作がコンペティション部門に出品された2019年のベルリン国際映画祭で撮影されたもの。ノートンは本作について「あまり知られていないこの物語を聞かされた人たちは、“なぜ知らなかったのか”と驚くことだろう。ガレスは希有の存在だし、彼が目の当たりにしたことも歴史上類を見ない。信じがたい話だよ」と語る。

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」より、ピーター・サースガード演じるウォルター・デュランティ。

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」より、ピーター・サースガード演じるウォルター・デュランティ。[拡大]

また、ジョーンズと同じく実在の人物であるThe New York Timesのモスクワ支局長デュランティを演じたサースガードは「複雑で理解し難い人物に惹かれることが多い。私が演技をするうえで重要視しているのは、その人物の納得できない態度を理解すること」とコメント。「デュランティの場合も同じだ。彼がなぜ長期間にわたってその“闇”を否定し続けたのかが疑問でね。そう考えるうちに興味を持った」と振り返り、「これは世界共通の話で、アメリカも確実に当てはまる。我々は読む記事を慎重に選ぶ必要があるんだ」と警鐘を鳴らした。

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」は、8月14日より東京・新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全13件)

関連記事

ジェームズ・ノートンのほかの記事

リンク

関連商品

Photo by Robert Palka (c)2019 Film Produkcja All rights reserved (c)FILM PRODUKCJA - PARKHURST - KINOROB - JONES BOY FILM - KRAKOW FESTIVAL OFFICE - STUDIO PRODUKCYJNE ORKA - KINO SWIAT - SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE