“イギリスで最初のブラックフィルムスター”アール・キャメロンが102歳で死去

47

俳優のアール・キャメロンが去る7月3日に死去したとIndieWireなどが報じた。102歳だった。

アール・キャメロン(写真提供:Zoe Ryan / Starstock / Photoshot /ゼータ イメージ)

アール・キャメロン(写真提供:Zoe Ryan / Starstock / Photoshot /ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

1917年にバミューダで生まれたキャメロン。舞台で俳優としてキャリアをスタートさせた彼は、1951年に「波止場の弾痕」でスクリーンデビューを飾り、“イギリスで最初のブラックフィルムスター”として注目を集める。その後はドラマ「ドクター・フー」をはじめとして、「サファイア」「ターザン大いに怒る」「007/サンダーボール作戦」「ザ・インタープリター」「インセプション」など多くの映画・ドラマ作品で活躍した。

「007」シリーズや「ドクター・フー」シリーズの公式Twitterアカウントでは、キャメロンへの追悼コメントを発信している。

(情報提供:IndieWire / VM / ゼータ イメージ)