小栗旬×星野源「罪の声」の特報公開、新キャストに市川実日子、梶芽衣子、松重豊ら

2523

小栗旬星野源が共演する「罪の声」のビジュアルと特報映像が到着。出演者も新たに発表された。

「罪の声」ビジュアル

「罪の声」ビジュアル

大きなサイズで見る(全7件)

原作は2016年の週刊文春ミステリーベスト10で国内部門第1位に輝き、第7回山田風太郎賞を受賞した塩田武士の小説「罪の声」。昭和最大の未解決事件に翻弄される男2人の姿が描かれる。小栗は事件を追う記者・阿久津英士役、星野はテーラー曽根の2代目店主・曽根俊也役で出演。「アンナチュラル」「MIU404」の野木亜紀子が脚本を手がけ、「映画 ビリギャル」の土井裕泰が監督を務めた。

左上から時計回りに梶芽衣子、宇崎竜童、松重豊、市川実日子、阿部純子、古舘寛治、正司照枝、火野正平、篠原ゆき子、原菜乃華。

左上から時計回りに梶芽衣子、宇崎竜童、松重豊、市川実日子、阿部純子、古舘寛治、正司照枝、火野正平、篠原ゆき子、原菜乃華。

このたび明らかになったキャストは10名。俊也の妻・亜美を市川実日子、母・真由美を梶芽衣子、叔父・達雄を宇崎竜童が演じる。また若き日の真由美役には阿部純子がキャスティングされた。そして阿久津が働く大日新聞の子会社の社長・水島洋介に松重豊、大日新聞社会部の事件担当デスク・鳥居雅夫に古舘寛治、阿久津と俊也が事件を追う中でたどり着く生島一家の母・千代子に篠原ゆき子、娘・望に原菜乃華が扮する。俊也が懇意にしているスーツの仕立て職人・河村和信を火野正平、阿久津と俊也が出会う麻雀店の元オーナー・須藤みちを正司照枝が演じることもわかった。

「罪の声」は2020年秋に全国でロードショー。なお特報はYouTubeで公開されている。

※古舘寛治の舘は舎に官が正式表記

この記事の画像・動画(全7件)

関連記事

小栗旬のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「罪の声」製作委員会