「麒麟がくる」今月末から収録再開、長谷川博己「皆様の健康と麒麟がくる日を願って」

479

新型コロナウイルスの影響で4月1日より収録を休止していたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」。このたび、6月30日に収録が再開されることがわかった。

「麒麟がくる」メインビジュアル

「麒麟がくる」メインビジュアル

大きなサイズで見る

6月7日放送の第21回をもって、オンエアが一時休止されている本作。収録再開にあたり、ドラマの製作はNHKが定める「感染防止のための制作マニュアル」にもとづいて行われ、放送開始時期については収録再開後の状況を見ながら決定される。

また放送休止に際して、主演の長谷川博己からコメントが到着。「楽しみにしていただいている方々がたくさんいらっしゃることは、何気ない日常の中、お声掛けいただいたり、ひしひしと感じています」と現在の心境を述べ、「明智光秀のミステリーの顛末を、楽しみに、どうか大らかなお気持ちでお待ちいただければと思います。皆様の健康とともに、麒麟がくる日を願って」と結んでいる。

なお、NHKによると連続テレビ小説「エール」と「おちょやん」の収録再開は準備中とのことだ。

長谷川博己 コメント

21回の放送終了からしばらく休止いたします。
楽しみにしていただいている方々がたくさんいらっしゃることは、何気ない日常の中、お声掛けいただいたり、ひしひしと感じています。
この流れを一度止めてしまうのは誠に心苦しいのですが、ご存知のように撮影も休止中で撮り溜めたものがない状況となっています。
ただ、撮影再開の目処は立っており、その日に向かいスタッフ・キャスト一同、安全面を十分考慮した上で準備しております。
全44回、何とか放送していきたいと思っておりますので、今後の「麒麟がくる」明智光秀のミステリーの顛末を、楽しみに、どうか大らかなお気持ちでお待ちいただければと思います。
皆様の健康とともに、麒麟がくる日を願って。

関連記事

長谷川博己のほかの記事

リンク