松井玲奈主演で「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」ドラマ化、相手役は鈴木仁

191

畑亜希美のマンガ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」がFODでドラマ化。松井玲奈が主演を務めるとわかった。

「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」

「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」

大きなサイズで見る(全5件)

「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」

「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」[拡大]

本作の主人公は、30歳になり「同年代の男性と駆け引きせず要領よく結婚したい」と考えている女性会社員・森山志乃。劇中では彼女が、9歳年下の佐藤真雪から突然告白され、「結婚相手ができるまで」という条件付きで付き合うこととなる。

「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」

「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」[拡大]

松井が志乃役を務め、ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」の鈴木仁が真雪役で出演。関久代が脚本を手がけ、「あのコの、トリコ。」の宮脇亮とドラマ「絶対正義」「Love or Not」の浅見真史が演出を担当する。

「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」

「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」[拡大]

松井は「彼女と同じように悩み、時には喜びながら脚本を読んでいきました。見えないルールがある世の中で、自分たちなりの答えを見つけられる、素敵な作品だと思います」とコメント。鈴木は「真っ直ぐすぎてどこかほっとけない真雪を、そして作品を、愛を持って見ていただけたら嬉しいです!」と視聴者にメッセージを送った。

松井玲奈 コメント

30歳を目前にこれまでの自分を振り返ることが増えました。
主人公の志乃は年下男子の真雪くんに出会うことで、これまで築きあげてきた価値観が変わっていきます。
彼女と同じように悩み、時には喜びながら脚本を読んでいきました。
見えないルールがある世の中で、自分たちなりの答えを見つけられる、素敵な作品だと思います。
志乃に真剣に向き合い、真っ直ぐ、時にコミカルに演じていけたらと考えています。

鈴木仁 コメント

今回、佐藤真雪を演じることができ、とても嬉しく、楽しかったです。
真雪は自分の気持ちに真っ直ぐな青年で、そこをどう自分に落とし込めるかものすごく考えました。
原作ながらのキャラクターと人間らしさ、そのバランスを監督と話して作っていきました。
子供な部分の中にある男らしさを、自分らしく演じられたのではないかと思います。
真っ直ぐすぎてどこかほっとけない真雪を、そして作品を、愛を持って見ていただけたら嬉しいです!

畑亜希美 コメント

「30禁」ドラマ化嬉しいです。
最初お話をいただいた時はどうしようかとあたふたしてたんですが今は放映されるのが楽しみです。
役者さんが演じる志乃と真雪に期待大です。漫画との違いを楽しんでいただけたら幸いです。

清水一幸(企画・プロデュース)コメント

今回「30禁」という作品に出会えたこと、そしてそれを映像化出来ること、本当にワクワクしています。
仕事も恋も、大抵のことは経験してきた30歳の女性が次に考えた“結婚”。それが一筋縄ではいかない…というのはありがちな展開だと思いますが、まさかの9つ下の男の子から突然の告白。その“まさか”の展開が、この作品の中では“もしかしたら、あるかも?”と思わせる感じに惹かれ、「絶対、映像化したい!」と思いました。
松井玲奈さん演じる志乃、鈴木仁さん演じる真雪はホント、原作のイメージにピッタリ! 理想のキャスティングが叶いました。
二人の演じる志乃と真雪。いろんなところが“羨ましい!”と思うこと、間違いないです(笑)。楽しみにしていてください!

この記事の画像(全5件)

関連記事

松井玲奈のほかの記事

リンク

関連商品

(c)畑亜希美/小学館 フジテレビジョン