青山シアターが6月末に動画配信サービスを終了、多くのインディーズ映画を配信

168

青山シアターが6月28日23時59分をもって動画配信のサービスを終了する。

「青山シアター」ロゴ

「青山シアター」ロゴ

大きなサイズで見る

映画配給会社ギャガが運営する青山シアターは、2012年に「ギャガシアター」として始まった動画配信を主軸にしたサービス。翌年に現在の「青山シアター」に改称しグランドオープンしてから、新作映画を含むさまざまな作品を配信してきた。中でもぴあフィルムフェスティバルや映画美学校、「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト」などとコラボして、数多くのインディペンデント映画を配信したことで知られる。

ギャガは本日5月27日付けで、サービス終了の理由を「多くの配信プラットフォームが存在する現在において、リリース当初に掲げておりました本動画配信サービスの存在意義と役割は果たし終えたという認識を持つに至り、動画配信サービスを終了する事といたしました」と発表した。

なお6月29日以降も青山シアターのURLは存続。ギャガ配給作品の試写会やイベント招待の広報を目的に、メールマガジンも引き続き配信する。動画配信サービスの終了後は、ポイントが利用できなくなるので注意してほしい。

リンク