門真国際映画祭やヤンシナ受賞の16歳が1人で手がけた連続ドラマ、YouTubeで配信

87

門真国際映画祭で最優秀編集賞、優秀作品賞に輝いた「或いは。」のシタンダリンタが監督、脚本、編集を担当する連続ドラマ「どこからともなく」が本日5月22日21時からYouTubeで配信される。

「どこからともなく」ポスタービジュアル

「どこからともなく」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全1件)

本作はマンションの一室だけで繰り広げられる、生と死の物語。シタンダが1人2役を演じ、iPhoneで撮影された。

シナリオコンクール・フジテレビヤングシナリオ大賞で、佳作を受賞したこともある16歳のシタンダ。新型コロナウイルス感染拡大の影響で監督最新作「そのママ弾いて」の公開が延期となり、「とにかく今はできる範囲の中で何か新しいことを」との思いから1人で本作を制作する運びとなった。

シタンダは「このドラマは後半にかけてびっくりするような展開になっていくと思います。淡々とした前半とは打って変わって後半はぶっ飛ばしていきますので、どうか最後まで楽しんでご覧いただければ幸いです」とコメントしている。

「どこからともなく」はシタンダの公式YouTubeアカウントで毎週金曜日21時から配信。なお同アカウントではシタンダが手がけた長編映画「或いは。」や「散ルカモネ」本編のほか、「そのママ弾いて」の特報を観ることもできる。

リンク