17歳の青年とフロイトの交流描く、ブルーノ・ガンツ出演作7月公開

171

ブルーノ・ガンツ出演作「Der Trafikant」が、「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」の邦題で7月24日に公開される予定だ。

「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」メインビジュアル

「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全9件)

「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」

「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」[拡大]

本作の舞台は1937年、ナチ・ドイツとの併合に揺れるオーストリア。タバコ店の見習いとして働くためウィーンへ来た17歳の青年フランツが、店の常連客で精神分析学者ジークムント・フロイトに教えを請いながら、恋に悩み成長していく姿が描かれる。

「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」

「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」[拡大]

ボヘミア出身の女性に一目惚れをするフランツをジーモン・モルツェ、ナチスによる抑圧や老いからくる病に耐えながらも青年の人生の師となるフロイトを「ヒトラー/最期の12日間」のガンツが演じる。ローベルト・ゼーターラーの著書「キオスク」をもとに、ニコラウス・ライトナーがメガホンを取った。脚本を執筆したのはクラウス・リヒターとライトナー。

「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」は、東京のBunkamura ル・シネマほか全国ロードショー。

※「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」はR15+指定作品

この記事の画像(全9件)

関連記事

ブルーノ・ガンツのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 epo-film, Glory Film